赤ちゃんには水圧が強すぎる!わが家のシャワー水圧調整方法

赤ちゃんには水圧が強すぎる!わが家のシャワー水圧調整方法

0歳代の赤ちゃんは、シャワーを浴びさせるのもひと苦労ですよね。室内で汗をたくさんかいたとき、わが家では1日1回のお風呂のほかにシャワーを浴びさせました。その際に気になったのが、シャワーの水圧が強いこと。今回は、わが家が行ったシャワーの水圧調整をご紹介します。

 

0歳代の赤ちゃんは、シャワーを浴びさせるのもひと苦労ですよね。室内で汗をたくさんかいたとき、わが家では1日1回のお風呂のほかにシャワーを浴びさせました。その際に気になったのが、シャワーの水圧が強いこと。今回は、わが家が行ったシャワーの水圧調整をご紹介します。

 

肌トラブル予防にシャワーは効果的

赤ちゃんは想像以上に新陳代謝が活発で汗っかきですよね。わが子は秋生まれなのですが、大人がちょうどいいと感じていた室温が、わが子にとっては暑かったことも。汗をかいたまま放置してしまい、あせもや乳児湿疹を引き起こしてしまいました。

 

こういった経験を通して、日中に汗をかいたときはサッとシャワーで汗を流すことを意識しています。肌トラブルの予防につながりましたよ。ただ、シャワーをするたびに気になったのが「水圧」です。

 

赤ちゃんには水圧を弱めに

わが家のシャワーヘッドは水圧が強め。これでは赤ちゃんがビックリしてしまいます。そこでまず考えたのは「手のひらでシャワーヘッドをつかむ」ことです。いちばんかんたんにシャワーの水圧を調整できる方法でした。

 

また、シャワーヘッドをガーゼで覆って調整するのもおすすめ。じょうろから流れるくらいの水圧がわが子にはちょうどいい様子でした。湯温は37~38℃くらい。足先から順番にかけていくとスムーズでした。

 

関連記事:

ピックアップ

6歳息子の昆虫愛が熱すぎる…!好き過ぎるあまり、秒で発見する姿にあ然
「パパ、大丈夫かな…」4人目の出産で入院!ひとりで面倒みられるか心配したけれど【体験談】
「地獄だ…!」仕事で大ピンチ!さらに重い生理痛が重なって…
産後子どもを怒鳴りつけてしまう。医師に相談すると、まさかの診断が!