「痩せる」タイミングって、いつ?

「痩せる」タイミングって、いつ?

女性がダイエットをする際に知っておきたいことの一つが生理周期です。これは生理や排卵によって刻まれる女性の体のリズムです。 女性の体は、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)とい […]

ダイエットは女性にとって大きな関心事の一つ。特に夏が近づくと、その関心が高まりますよね。ただし生理周期によって、ダイエットに「向く時期」、「向かない時期」が存在すること、知っていますか。生理周期の各時期に表れるさまざまな体調の変化は、いわゆる体からの大切な声。ダイエットを行う際も、そういった体の声に耳を傾けることで、無理なくダイエットを進められます。

まずは女性の体のリズム“生理周期”を理解することから

女性がダイエットをする際に知っておきたいことの一つが生理周期です。これは生理や排卵によって刻まれる女性の体のリズムです。
女性の体は、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンの影響を受けて生理中・排卵前・排卵後・生理前の時期で変化します。この4つの時期の中には、水分を体内にため込んだり、体調の不調が強く表れがちになったりして、どちらかと言えばダイエットには不向きな時があります。それを知らずにダイエットをすることは、ダイエットのためのせっかくの意欲と努力が、生かしきれないということにも。
まずは自分の生理周期がどのようになっているのか、しっかりと把握してダイエットに取り組む必要があります。

知っておきたい自分の生理周期

生理周期の4つの時期は、おおむね次のような目安で把握できます。

生理中:生理中から7日目くらいまで。
排卵前:生理開始から8~14日目くらいまで。
排卵後:生理開始日から15~21日目くらいまで。
生理前:生理開始日から22~28日目くらいまで。

さらに排卵日を調べることで、もう少し詳しく体のリズムが把握できます。
排卵日を知るには、基礎体温を測って確認することが必要になります。基礎体温は、生理が始まって2週間ほどは低温期が続き、排卵すると低温期の体温よりも0.3~0.6℃ほど高くなり、高温期に入ります。
測定のポイントは、朝、目覚めたらすぐに「舌の下」に婦人用体温計を入れて測ります。そのため、婦人用体温計をいつも枕元に置いておくといいですね。基礎体温は女性の健康管理の一つとして、ぜひ、習慣にしたいものです。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?