歯科での歯磨き指導のおかげ!わが子に虫歯ができなくなった磨き方

歯科での歯磨き指導のおかげ!わが子に虫歯ができなくなった磨き方

ある小児歯科医に出会うまで、自己流の歯磨きをしていたため、わが家の子どもたちを虫歯にさせてしまいました。自分ではしっかり仕上げ磨きをしているつもりだったので、「歯磨きをしているのに虫歯になるのは体質?」なんて思っていました。今回は、歯磨きにはコツがあることを知ったエピソードをお伝えします。

 

ある小児歯科医に出会うまで、自己流の歯磨きをしていたため、わが家の子どもたちを虫歯にさせてしまいました。自分ではしっかり仕上げ磨きをしているつもりだったので、「歯磨きをしているのに虫歯になるのは体質?」なんて思っていました。今回は、歯磨きにはコツがあることを知ったエピソードをお伝えします。

 

自己流ではきちんと磨けていなかった!

わが子が通っている小児歯科では、検診のたびに歯垢を赤く染める液で磨き残しがないかチェックしてくれます。以前の私の磨き方では、歯ブラシが歯の汚れている部分にしっかり当たらず、磨き残しが原因で虫歯になってしまったようでした。

 

歯磨き指導をしっかりしてくれる歯科医と出会ったことで、子どもたちの虫歯がゼロになりました。毎回、しっかり聞いて参考にしているのですが、子どもの歯はどんどん生え変わるので、磨き方の指導も変わっていきます。

 

仕上げ磨きの体勢とフロスが大切

乳歯が生え始めて揃うまでは、子どもがじっとしてくれず、大泣きされたりと、仕上げ磨きをするのも大変ですよね。わが家でも、あまりに泣くのがかわいそうで早々終わらせていたときもあったのですが、歯科医に「初期虫歯ができている」と注意を受けました。

 

歯科医によると、仰向けに寝かせて動かないようにし、しっかり歯磨きを行うことが重要とのこと。赤ちゃんでも、歯が揃ってきたらフロスを必ず使うように言われたため、子ども用のぶどう味のフロスを毎日使っています。

 

関連記事:

ピックアップ

<女性の心と体の悩み>「挿れると痛い」に隠れていた病気とは?
第3子妊娠中の鈴木亜美、産後「家具総入れ替え」した理由とは?「兄弟平等に叱る」子育てママの素顔
「歯磨き、やだー!」歯磨きを猛烈に嫌がる2歳の娘が少しずつ磨かせてくれるように。そのコツは!?
「俺にどうしろと!?」夫が過去最大のブチギレ!そのイライラの原因は…