プレママがやっていいコト、気をつけたいコト

プレママがやっていいコト、気をつけたいコト

妊娠すると生活の中でいくつか気をつけたいことが出てきますが、基本は、規則正しく今までよりもスローな生活を心がけること。「あれもこれもダメ!」と神経質にならず、まずは最低限気をつけたいことを知っておきましょう。 | 妊娠に […]

妊娠すると生活の中でいくつか気をつけたいことが出てきますが、基本は、規則正しく今までよりもスローな生活を心がけること。「あれもこれもダメ!」と神経質にならず、まずは最低限気をつけたいことを知っておきましょう。

| 妊娠に気づかずやっていたことが気になったら? |

赤ちゃんが外的要因の影響を受けやすいのは、臓器がつくられる妊娠3カ月(11週)頃までの「器官形成期」です。この時期を過ぎていればレントゲン検査や、多少のお酒やタバコの摂取などもほぼ影響ないといえるでしょう。妊娠初期に起こりやすい流産のほとんどは、何かをやってしまって引き起こすものではなく、染色体異常によるものです。過ぎてしまったことで神経質にならずに、これからは気をつけてくださいね。それでも気になることがあれば医師に相談してみましょう。

| 妊娠中にのんでもいい薬、いけない薬 |

全ての薬がNGということではありませんが、胎児に影響のある薬もあるので使用には注意が必要です。市販のアレルギーや花粉症の薬、風邪薬はのんでもさしつかえありません。ただし、解熱鎮痛剤はアセトアミノフェン系の薬だけを選んでください。アスピリンなどの一部の解熱鎮痛剤、湿布に含まれている非ステロイド性の抗炎症薬は、胎児の突然死を引き起こす恐れがあります。他にもNGな薬がありますので、市販薬を購入する際には薬剤師に相談しましょう。病院の処方薬では、妊娠に気づいて自己判断で服用を中止すると、治療中の病気が悪化することで胎児に影響を及ぼす場合もあります。まずは医師に相談してください。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?