理想と現実の差。「2人目の壁」問題

理想と現実の差。「2人目の壁」問題

結婚したとき、子どもを出産したとき、いろいろなタイミングで、子どもは何人作ろうと夫婦で話し合うことがあるのでないかと思います。みなさんの理想では、何人のお子さんを授かりたいですか?今回は、理想の子どもの人数と現実についてふれてみたいと思います。

 

結婚したとき、子どもを出産したとき、いろいろなタイミングで、子どもは何人作ろうと夫婦で話し合うことがあるのでないかと思います。みなさんの理想では、何人のお子さんを授かりたいですか?今回は、理想の子どもの人数と現実についてふれてみたいと思います。

 

持ちたい理想の子どもの合計人数 

一般財団法人1 more Baby応援団が昨年、日本から少子化問題をなくしたいという想いのもと、4回目となる「夫婦の出産意識調査2016」を実施しています。

 

この調査で、実際の出産予定とは別に、「持ちたい理想の子どもの合計人数」を質問したところ、結果は全体(以下、最大のN数は2958名)のうち、48.7%の方が「2人」、29.3%の方が「3人」と回答し、「2人以上を理想としている」人は81.1%であることがわかりました。
 

2人目の壁の存在

そして、1more Baby応援団では、「2人目の壁」を「生活費や教育費に関連した家計の見通しや、仕事等の環境、年齢等を考慮し、第二子以後の出産をためらうこと」と定義しました。

 

そこで、「2人目の壁は存在すると思うか」と、夫婦の出産意識調査の対象者に尋ねたところ、「2人目の壁」について「存在すると思う」と答えた人は全体の73.5%となり、「理想の子どもの人数」の意向とは相反する結果となりました。

 

関連記事:

ピックアップ

「ん?彼と…したいかも」想定外の感情に困惑!彼の手を…/結婚相談所-夫編-
やりがちだけどダメ! 保育士が実は困っているおうちごはんについて
発達や家庭環境は問題ない!?感情が爆発してしまう理由とは…【保育園のお話 手がかかる子!?編2】
「はぁ!?」ママ友呼び捨て&失言する夫についにブチギレ!#ママ友ありえない話12