「かつおパック」を上手に使って、だしの効いた離乳食をかんたんに!

「かつおパック」を上手に使って、だしの効いた離乳食をかんたんに!

味覚は小さいときの食生活から養われるといいます。天然のだしを効かせた、自然な味の離乳食を作ってあげたいけれど、毎日のだし取りはちょっとめんどうですよね。そこでわが家では、離乳食中期ごろから「かつおパック」をフル活用して、うま味の効いた離乳食を作っています。

 

味覚は小さいときの食生活から養われるといいます。天然のだしを効かせた、自然な味の離乳食を作ってあげたいけれど、毎日のだし取りはちょっとめんどうですよね。そこでわが家では、離乳食中期ごろから「かつおパック」をフル活用して、うま味の効いた離乳食を作っています。

 

煮物などにそのまま入れて

だしを効かせたい煮物には、具材と一緒にかつおパックをそのまま振り入れます。かつおパックなら、原材料はかつお節100%なので安心なうえに、だしの素などでは出せない、かつお節のいい香りを味わうことができます。

 

だしがらとして捨ててしまう部分にも、たんぱく質などが含まれているため、かつおパックをそのまま入れれば、それらを余すところなく摂取できる点もうれしいですね。

 

かつおパックでお手製ふりかけ

おにぎりをつくるときなど、ちょっとご飯に味を付けたいときには、かつおパックと少量の醤油をご飯に混ぜ込めば、うま味たっぷりのおにぎりになります。離乳食後期ごろからは、ちぎった焼きのりやごまを加えてもいいですね。

 

自分で好みの食材を選んで混ぜられるうえ、味付けも自分で加減できるので、市販品のふりかけよりも薄味に仕上げることができます。外出先で食べるときには、ラップでスティック状のおにぎりにすると、外でも食べさせやすいのでおすすめです。

 

関連記事:

ピックアップ

度々ニュースで見る子どもの事故やトラブル…子どもの安全をどう守る?責めるしつけが危険を招く!?
「誰か開発して…!」共感しかない!?親になって分かったこの世に無いけれど子育てに必要なもの
「もうどうでもいいや…」気をつかっていた保育園生活を一変させた娘の実態とは?
「大学どこ?」学歴コンプレックスの私。結婚前、彼の問いに答えたら意外な展開に!?