母乳やミルクを飲めていても、湯冷ましは飲まなくちゃいけないの?

母乳やミルクを飲めていても、湯冷ましは飲まなくちゃいけないの?

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。おばあちゃん世代には「湯冷ましを与えなくていいの?」と言われるけれど、産院では「おっぱいだけで大丈夫、湯ざましを与えなくてもいいんだよ」と指導されたという経験をしたママは多いのではないでしょうか。今日はそんな湯冷ましの謎に迫りたいと思います。

湯冷ましが飲めると助かることとは?

湯冷ましを飲めていると助かることを具体的にお話しします。

 

・汗をかいたとき

・お風呂上り

・熱のあるとき

・吐き気があるとき、などなど

 

水分補給をしたいときに湯ざましを飲ませることがあります。吐き気があると母乳やミルクを飲んでもすぐに吐いてしまうことがあります。そんなとき、湯冷ましなら時間をかけて少量ずつ与えて水分補給ができます。

 

また、離乳食が始まると母乳やミルクの量が徐々に減ってくるきて、水分がおのずと減ってきます。食後に湯冷ましをひと口飲むことで、お口のケアにもつながります。

 

湯冷ましの作り方

湯ざましを作ったことがない人のために作り方のおさらいをしましょう。

 

1.お湯を沸かす(5分程度)

2.飲める温度になるまで冷ます

 

作った湯冷ましは、冷蔵庫に入れて1日で使い切りましょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「大丈夫よ!」義母のありえない行動に絶句!楽しみにしていたお食い初めで…
「どうせなら、いっそ」追い込まれた私はついに…/こじらせ女が結婚-本領発揮編-7
「病気を持った子が生まれるよ」面倒見の良い上司から、妊娠中に心無い言葉の数々を言われ…
鳴り響くインターホン!「げっ…!追いかけてきたの!?」画面をチェックすると… #ママ友の財布 24