妊娠中はどの程度の運動が必要?妊娠中期からの体づくり

妊娠中はどの程度の運動が必要?妊娠中期からの体づくり

妊娠中期になり、医師から許可が出たら、体重管理や出産の体力づくりのために運動を取り入れるとよいでしょう。ただし、鍛えるための筋トレや長距離走などの激しい運動はNG。体調とよく相談し、無理のない範囲で行うことが大切です。運 […]

妊娠中期になり、医師から許可が出たら、体重管理や出産の体力づくりのために運動を取り入れるとよいでしょう。ただし、鍛えるための筋トレや長距離走などの激しい運動はNG。体調とよく相談し、無理のない範囲で行うことが大切です。運動中にお腹の張りや息が上がる、だるさなどの症状が出たら、すぐに休むことを忘れずに!

妊娠中は、たくさん歩いた方がいいって本当?

妊娠中も適度に体を動かすことは、メリットがたくさん!最適なのはウォーキングなどの軽い有酸素運動です。酸素を取り入れながら体を動かすことで赤ちゃんの発育を促したり、太り過ぎを予防したり、心身のリラックスにつながったりします。
妊婦健診の際、体を動かすよう指導を受けることもありますが、1日に何キロも歩いたり、日々スクワットを続けたりなど、ハードに体を動かす必要はありません。また、筋トレやテニスなどの激しい運動(無酸素運動)や、飛んだり跳ねたりする球技やスキーなどは控えるようにしましょう。歩きながらおしゃべりができるくらいのスピード&距離がちょうどよいですよ。
体を動かすことに不安があったり、体調がいつもと違うと思ったりしたら、主治医に相談してください。無理してまで体を動かさなくても大丈夫ですから。また、安静を指示された場合は、もちろん運動はお休みしてください。

体に負荷がかからない水泳もおすすめ

お腹が重たく感じてきたら、水中ウォーキングやスイミングもおすすめです。妊娠中期以降は、お腹が大きくなることで腰痛が起こりやすくなるので、腰に負担がかかりにくい水中では、気持よく体を動かせるでしょう。水泳は血行が促され、腰痛や足のむくみの改善、体力づくりにも効果的です。「マタニティスイミング」や「マタニティアクアビクス」など、専門家が指導する教室だと安心ですね。

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?