体重を増やさなければ安産になる?

体重を増やさなければ安産になる?

妊婦健診に行くたびに、お腹の赤ちゃんと共に自分の体重が気になる人も多いのでは。毎回、必ずチェックがあり、時には細かく指導されることもあるかもしれません。では、体重を増やさなければ安産になるのでしょうか。 | 体重増加、ど […]

妊婦健診に行くたびに、お腹の赤ちゃんと共に自分の体重が気になる人も多いのでは。毎回、必ずチェックがあり、時には細かく指導されることもあるかもしれません。では、体重を増やさなければ安産になるのでしょうか。

| 体重増加、どれぐらいなら大丈夫? |

厚生労働省は、妊婦の体重増加について、BMI値(※)における標準体重(BMI値18.5から25未満)の場合で7kgから12kgが望ましいとしています。出産前に体重が10kgを増えた場合、その内訳は赤ちゃんの重さが約3kg、残りは赤ちゃんを守る胎盤や羊水、子宮の筋肉、血液量などの重さとなります。BMI値が18.5未満の痩せ型の場合、望ましい体重増加量は9kgから12kg。BMI値が25以上のぽっちゃり体型の場合、「これくらい増えても大丈夫」という目安は特に示されておらず、個別対応となっています。※BMI値は、標準体重を導き出すために使用されている、最も一般的な体格指標。計算方法は、体重(kg)を身長(m)で2回割ったもの。例えば体重58kg、身長155cmの人のBMIは、58÷1.55÷1.55で約24。

| 見直したい食事の量と内容 |



妊娠中は摂っておきたい栄養素があったり、妊娠中期以降になると多めにエネルギーが必要になったりするので、ついつい食べる量も増えてしまいがち。また、妊娠中は体に脂肪がつきやすくなっています。「お腹の赤ちゃんの分も食べなきゃ」と2人前食べていたら、当然、必要以上に太ります。元々肥満の人が過剰に太る、標準体重の人でも20kg以上増えている、といった場合には気をつけてください。この場合、糖尿病を発症するリスクが高くなったり、産道に脂肪がつき赤ちゃんが通りにくくなったりすることもあり得ます。妊娠期の体重管理は、食べることを我慢するのではなく、食事の内容と摂り方を工夫してみましょう。妊娠中に必要なカロリーは、通常のカロリー+350kcal程度。350kcalはごはんに換算すると1膳半ぐらいのもの。もちろん、ご飯だけを増やすのではなく、野菜、肉、魚、果物…といろいろな食材をまんべんなくバランスよく摂るようにしましょう。ちなみに、妊娠後期になると通常のカロリー+500kcalくらい、出産後、授乳中はさらに増やして+700kcalくらいが目安です。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?