「安定期」もノーリスクではない!お腹の張りとむくみに注意

「安定期」もノーリスクではない!お腹の張りとむくみに注意

妊娠5カ月頃になると胎盤が完成し、不安定な症状や体調も落ち着き「安定期」と呼ばれる時期に。でも、安定期といっても、お腹の張りやむくみなどの症状は起こり得ます。体の感じ方も、症状も人それぞれ。受診が必要なケースかどうか、な […]

妊娠5カ月頃になると胎盤が完成し、不安定な症状や体調も落ち着き「安定期」と呼ばれる時期に。でも、安定期といっても、お腹の張りやむくみなどの症状は起こり得ます。体の感じ方も、症状も人それぞれ。受診が必要なケースかどうか、なかなか判断は難しいので目安を知っておくと安心です。

| お腹の張りを感じたら、まずは安静に |



個人差はありますが、妊娠6カ月に入った頃からお腹に張りを感じる妊婦さんが増えてきます。その感じ方も、お腹の皮膚が引っ張られるようだという人、お腹が硬くなったように感じるという人、下腹部にチクチクとした痛みがあるという人など、様々。長時間歩いた時や同じ姿勢でいた時、疲れた時、緊張した時、体が冷えた時、お風呂に入った時、セックスした時…。こうした時に感じる短時間のお腹の張りは生理的なものがほとんど。張りを感じたら、安静にして休みましょう。立っていたら座る、できれば横になる、というように、とにかくリラックスした状態で少し休んでみてください。そうすれば大抵の場合は治まってくるはずです。運動中にお腹が張る場合は、もっと軽めの運動に切り替えましょう。

| 意外と多い!約4割に起こる切迫早産 |

短い時間に何度もお腹が張ったり、どんどん張りが強くなっていったり、強い痛みを伴ったりする場合があります。そんな時は早めに医師に相談を。診察を受けると「切迫早産(ぎみ)です」といわれることもあるかもしれません。切迫早産は、妊娠6カ月22週から10カ月37週未満で赤ちゃんが生まれそうな状態のことをいいます。37週0日以降は「正産期」と呼ばれ、赤ちゃんがお腹の外で生きていく準備も整い、いつ生まれても大丈夫な時期。それ以前は、まだお腹の中で準備中ということでもあります。軽い場合は通院で経過観察しますが、症状が重いと入院が必要になることも。でも、兆候の1つとしてお腹の張りが現れることはあっても、お腹を張らせたから流産や早産になるわけではないことも知っておいてくださいね。実のところ、切迫早産または早産ぎみという診断は頻繁にされるものですが、結果として早産になる人は全体の5%程度。安静にするなどの対処法も症状や子宮の状態によって程度が異なるので、もし指摘されたら、主治医に自分がどのような状態にあるのかをよく聞いてみましょう。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?