子どもが病気のときも安心!病児保育をうまく利用しよう

子どもが病気のときも安心!病児保育をうまく利用しよう

テレビドラマを観て「病児保育」の存在を知り、市内にいくつかの団体があったため、訪問して検討し、利用を開始しました。子どもの体調が悪いときは、できるだけ仕事を早退しますが、難しいときに利用して非常に助かりました。今回は、病児保育についてお伝えしたいと思います。

どんな病気でも預かってくれるの?

団体により、年齢の規定があるようです。私が利用した団体は、生後6カ月以上から小学6年生まで預かり可能でした。肺結核などの病気を除いて、普通の風邪やインフルエンザをはじめ、水ぼうそうやおたふく風邪など、あらゆる病気のときに預かってくれたので助かりました。

 

マンツーマンでしっかり子どもをみてくれるうえに、記録もつけてくれるのでとても助かりました。子どもも安心していたので、利用してよかったと思っています。

 

 

団体によって、サポート内容や金額などが違いますので、事前にいくつかの場所を訪れてみることが大切です。実際にスタッフの方と話をし、安心できる子どもの預け先を見つけられたらいいですね。(TEXT:ママライター石原みどり)

 

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「また失敗か…」毎日続くおねしょで膨大な洗濯物。疲弊してママ友に相談すると、目から鱗の返答が…!
<ママ友の勧誘>「どうせ暇なんでしょ?」強引に家に乱入!図々しい態度でソファに座り込み…?
「女の子なのに」はプレッシャーだった?お友だちの前で娘の好みを尊重してあげられず…
<ヤバイ義従姉>「あれ?他の人は?」玄関を開けると義従姉だけ。義従姉の考えたあり得ない企みとは…