夢のマイホーム!その前に持ち家の維持費も忘れずにチェック!

夢のマイホーム!その前に持ち家の維持費も忘れずにチェック!

「家賃と変わらずに自宅が購入できる!」といった広告を目にすることもありますが、実際は自宅を購入するのに、住宅ローンだけを毎月支払えば、ほかの費用がかからないということではありません。

 

「家賃と変わらずに自宅が購入できる!」といった広告を目にすることもありますが、実際は自宅を購入するのに、住宅ローンだけを毎月支払えば、ほかの費用がかからないということではありません。

 

賃貸とは異なる維持費がかかります。夢のマイホームをしっかりと維持するためにも住宅ローン以外の費用がかかることをお伝えします。

 

1.毎年の固定資産税・都市計画税

毎年の固定資産税・都市計画税は、不動産を保有している人にかかる税金で、賃貸物件は大家さんが支払っています。自宅を保有していると毎年支払うことになり、お住まいの市区町村によって税率(固定資産税+都市計画税の標準税率は1.7%)や納期が少し異なります。

 

土地・建物の金額や築年数にもよりますが、年間数万円~数十万になるケースがほとんどです。また、新築物件は3年間(中高層耐火住宅は5年間)の税額が2分の1に減額されるので、逆に減額期間が終了すると固定資産税・都市計画税が急に上がったように感じる人が少なくありません。

 

固定資産税・都市計画税が年間10万円の場合でも、30年間であれば300万円かかることになりますので、住宅を取得する際には、固定資産税・都市計画税がどの程度になるか確認して購入するようにしましょう。

 

2.火災保険は賃貸より高くなる傾向

賃貸でも火災保険の加入は必要ですが、借家人賠償(責任)保険という大家さんへの補償が中心となり、保険料も年間1万円前後であることが多いのですが、持ち家の場合はご自身の建物を守るためにも、火災保険や地震保険が必要になります。

 

建物の材質や金額によって保険料は異なりますが、マンションなどの鉄筋コンクリート造のものより木造の方が保険料は高くなる傾向になります。火災保険は1年間~10年間・地震保険は1年間または5年間の加入となりますが、1年あたりの保険料では2万円~5万円になることが多いです。

 

これも一例ですが、火災保険・地震保険の保険料を年間3万円とすると30年間であれば90万円になります。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「逃すまじ!」開始10分前に生理が判明!生理用品もなくて…
焦った! 事前に名前を決められないまま出産の日を迎え…【体験談】
「断られる?」上から目線!?な私の返事に、彼は黙ったままで…/結婚相談所-夫編-
バァン!自分の思い通りにならず、まさかの行動に…!【保育園のお話 手がかかる子!?編3】