そっと置いてもギャン泣き!赤ちゃんの背中スイッチをオンにしないコツ

そっと置いてもギャン泣き!赤ちゃんの背中スイッチをオンにしないコツ

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。赤ちゃんをおっぱいで寝かせつけたあと、ウトウトまどろんでいるときに、そっと布団に下ろすと瞬時に起きてしまい、振り出しに戻る……という経験を何度もしているママは多いことと思います。そこで今日は「赤ちゃんの背中スイッチ」についてお話しします。

赤ちゃんは猫背の姿勢がラク

赤ちゃんにとってベッドや布団などの平らなところは落ち着きません。彼らの自然な姿勢とは猫背の状態です。ママのおなかの中で、まぁるくなって膝を抱えて何カ月も過ごしていたので、 生まれてしばらくの赤ちゃんの背骨の形はアルファベットの「C」。

 

筋肉が縮みやすいという骨格的なこともあり、背中をまっすぐしているよりも少し前かがみでカーブしていたほうが呼吸がしやすく酸素がたくさん入ります。 ですから、赤ちゃんは体を伸ばした状態で寝かされるよりも、大人の感覚では「不自然な姿勢」で縮こまって抱かれているほうがラクなのです。

 

スイッチをオンにせずに寝かせるには

対する、私たち大人が平らな場所のほうが安定するのは、背骨の形が「S」に発達し、頚椎のカーブ、 腰椎のカーブが存在するからです。それらのカーブがバネの役割をしています。

 

「背中スイッチ」を発動させずに床に下ろすことを成功させるためには、 赤ちゃんをまぁるい姿勢にして、そーっと寝かせてみてください。授乳クッションやバウンサー、 座布団、かけものなど、そこにあるもので上手に工夫してみましょう。「背中スイッチ」の電源をOFFのまま寝かせる方法は、コツさえつかめばできるようになりますよ!

 

著者:助産院ばぶばぶ院長 助産師HISAKO

総合病院小児科・産婦人科・NICU病棟勤務を経て、地域での助産師活動・出張専門『助産院ばぶばぶ』を開業。2006年には来院ケアも可能な「助産院ばぶばぶ」をオープン。2014年10人目出産し、ママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく母乳育児支援や講演活動、書籍出版など多岐にわたって活動中。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

パシャッ!一瞬、時が止まった。自宅のトイレで…どうする!? #まさかのタクシー出産 2
義母が孫の写真を勝手に!?ネットリテラシー皆無の義母がスマホに替え暴走!
「他人となんて暮らせない」そんな私がまさかの結婚をしちゃったら!?
お気に入りの靴を購入できた!プロに聞いたファーストシューズの選び方