夏の赤ちゃんの水遊び。おすすめな遊び方と気を付けたいことまとめ

夏の赤ちゃんの水遊び。おすすめな遊び方と気を付けたいことまとめ

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。夏になると子どもが大好きな公園遊びも、暑くなる前の午前中か夕方からになり、日中は室内遊びがメインになります。

おうちでの水遊びのメリット・デメリット

おうちでの水遊びは、水着に着替えなくても下着で楽しむことができ、また裸で楽しむことができます。そして、楽しんだあとは、すぐにお昼寝や休むことができるというメリットがあります。

 

一方で水道代がかかってしまったり、用意や片付けをしなくてはならないというデメリットもあります。水道代や用意や片付けが気になるママにおすすめなのが、公園でよく見かけるのが「じゃぶじゃぶ池」です。

 

公園のじゃぶじゃぶ池で遊ぼう♪

「じゃぶじゃぶ池」には、噴水のように水が吹き上がるところや、小さなプールのようなところなどがあり、小さなお子さんが楽しそうに遊ぶ姿をよく見かけますよね。ただし、このような施設は「おむつ禁止」の場合も。なかには、“水遊び用おむつはOK”というところもありますので、事前に調べてから遊びに行きましょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「大丈夫よ!」義母のありえない行動に絶句!楽しみにしていたお食い初めで…
「どうせなら、いっそ」追い込まれた私はついに…/こじらせ女が結婚-本領発揮編-7
「病気を持った子が生まれるよ」面倒見の良い上司から、妊娠中に心無い言葉の数々を言われ…
鳴り響くインターホン!「げっ…!追いかけてきたの!?」画面をチェックすると… #ママ友の財布 24