意外と知らない!内診ってなにを診ているの?

意外と知らない!内診ってなにを診ているの?

こんにちは!助産師のREIKOです。産科特有の診察である内診。妊婦健診やお産の時にするけれど、あれってなにを診ているのか気になったことはありませんか?今回は、お産のとき、助産師が内診で何を診ているのかをお話します。

 

こんにちは!助産師のREIKOです。産科特有の診察である内診。妊婦健診やお産の時にするけれど、あれってなにを診ているのか気になったことはありませんか?今回は、お産のとき、助産師が内診で何を診ているのかをお話します。

 

内診とは?

そもそも内診とは、産婦人科の医師や助産師によっておこなわれる基本的な診察方法のひとつで、指や専用の器具を膣に挿入して、膣内や子宮、卵巣の状態を診察することです。

 

助産師は、指の感覚のみで内診をして、お産の進み具合を判断しています。お産の時の内診のタイミングは、陣痛の強さ・間隔やママの表情・訴えなどから判断しておこなっています。

 

内診で何を診ているの?

助産師は、内診のときに子宮口の開大度、子宮頸管の展退度、赤ちゃんの頭の位置、子宮頸管の硬さ、子宮口の位置を診ています。

 

子宮口の開大度

お産が進むにつれて子宮口は開いてきます。最終的に10㎝まで開くのですが、助産師は自分の指の太さや指の開き具合から、今どのくらい子宮口が開いているのか判断します。

 

子宮頸管の展退度

子宮頸管は陣痛が来る前、いわば「ちくわ」のような状態です。それが陣痛とともにじょじょに短く薄くなっていきます。それを触れた感覚で判断していきます。

 

赤ちゃんの頭の位置

赤ちゃんの頭がどのくらい下がってきているのか、恥骨や骨盤の触れ方で判断します。

 

子宮頸管の硬さ

子宮頸管はお産が進むにつれて、小鼻のかたさ、くちびるのかたさ、そしてマシュマロ状とじょじょにやわらかくなってきます。子宮頸管に触れた感覚で、いまどのような状況なのか判断しています。

 

子宮口の位置

子宮口はお産が進むにつれて前方に向いてきます。子宮口の触れ具合で今どの位置にあるのか判断します。

 

関連記事:

ピックアップ

「借金とかじゃないよね!?」お家デート中に気になったのは…/結婚相談所-入籍編-
「すごいね、えらいね」長女を優しく抱きしめてみたら…#イヤイヤ期だと思っていたら3
「どうしてうまく飲めないの?」赤ちゃんのコップ飲みが上達する方法
毎日食べなくてもOK!途中で切り上げてもいい? 助産師が離乳食初期のムダを省きます!