夏だからこそ気を付けたい!赤ちゃんの夏風邪と小児救急電話相談

夏だからこそ気を付けたい!赤ちゃんの夏風邪と小児救急電話相談

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。夏の始まりを感じる季節がやってきましたね。暑い日が続き、クーラーなども使い始めるこの時期は、体調管理が難しく、風邪を引きやすい時期でもあります。

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。夏の始まりを感じる季節がやってきましたね。暑い日が続き、クーラーなども使い始めるこの時期は、体調管理が難しく、風邪を引きやすい時期でもあります。

 

それは子どもも同じで「いつもより機嫌が悪いな……」と気にしていたらお昼寝から目覚めたときに熱が出ていた、肌に発疹が出た、なんていうことも。今回は、夏に子どもがかかりやすい夏風邪と緊急時の相談先についてお伝えいたしますね。

 

生活リズムを整えウイルスに負けない体つくりを

夏風邪は小さな子にとって登竜門ではありますが、子どもが体調を崩してつらそうにしている姿を見るのはママとしてもつらいこと。できることなら、夏風邪にかからないようにしたいですよね。

 

クーラーの利かせすぎには注意し、汗をかいたらこまめに拭いたり、着替えさせてあげて、体を冷やさないように注意しましょう。また、生活リズムを整え、睡眠・食事などで免疫力を高めておくこともひとつの予防になります。暑くて疲れやすい夏だからこそ、意識してふだんからウイルスに負けない体つくりをすることをおすすめします。

 

子どもが急に熱を出してしまったら

子どもはもともと平熱が高いこともあり、微熱があっても日中は元気に遊んでいて、夕方からグズグズと言い出し、熱が出ていることに気が付く……ということがよくあります。

 

たとえば、熱性けいれんや激しい嘔吐、意識障害などが見られた場合はすぐに受診をおすすめしますが、そのような症状がない場合はあわてず、わきの下などを適度に冷やし、水分補給を心がけながら様子を見守り、翌朝に受診するといいでしょう。小さな子どもにとって、体調が悪いときの外出はとても体力を使うので、余計に熱が上がってしまい、逆に悪化させてしまうこともあります。

 

それでも不安だったり、心配な場合は、緊急時に相談できる窓口に相談したり、かかりつけ医に相談することをおすすめします。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「彼なら私のすべてを…!?」蘇る苦い思い出。彼は違うと信じたい!/結婚相談所-夫編-
息子のネガティブ発言に疲弊。対処法を編み出し、見えてきたこととは…
「このまま入院してください」ただの生理痛だと思っていたら…一大事に!
「おもちゃはいらない」で後悔!?長女と次女の違いで気づいたこととは…