子育て中は姿勢が悪くなりがち!スポーツ整形外科で聞いた姿勢のコツ

子育て中は姿勢が悪くなりがち!スポーツ整形外科で聞いた姿勢のコツ

授乳や抱っこなど、赤ちゃんのお世話をしているときは姿勢が悪くなりがちです。私自身も産後に、股関節症になってしまいました。スポーツ整形の先生に相談したところ、健康でいるためにはいい姿勢とストレッチを心がけることが大事なんだそうです。そもそもいい姿勢になるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

授乳や抱っこなど、赤ちゃんのお世話をしているときは姿勢が悪くなりがちです。私自身も産後に、股関節症になってしまいました。スポーツ整形の先生に相談したところ、健康でいるためにはいい姿勢とストレッチを心がけることが大事なんだそうです。そもそもいい姿勢になるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

骨盤に注目して左右対称に

抱っこや授乳のとき、片方の足、とくに左側に負担がかかりがちです。右手でご飯をあげるため、赤ちゃんを左の太ももに乗せていませんか?産後の姿勢の悪さなどで股関節症になってしまった私が、スポーツ整形外科の先生に教えていただいた「いい姿勢」についてお伝えします。

 

そもそもいい姿勢というのは、左右が水平で、傾いていない、骨盤の位置が正常であること、つまり骨盤を立てることが大事なのだそうです。

 

いい姿勢とストレッチ

スポーツ整形外科では、楽にいい姿勢を保つポイントを教えていただきました。まずは座るとき。イスに浅く腰かけて胸を張る、おしりの力を抜きます。悪い例として、おしりの穴をキュッと閉めて座ると、太ももやおしりのお肉が内側に向きますよね。そうすると、がに股や猫背になりやすくなるそうです。

 

いい姿勢でも、長い時間じっとしているのはNGなのだそうです。足を揺らしたり、ストレッチなどをしたりしながら、楽な状態でいい姿勢を続けましょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「せめて長男が起きるまで!」と耐えた結果、子宮口全開!?ドタバタだった2人目出産
「そんな物で窒息するの!?」油断大敵!赤ちゃんの思わぬ事故【3児ママ小児科医のラクになる育児】
「めまぐるしい!」検査に接種に再検査!?入院前って忙しい!/40代婦人科トラブル#35
【100均フル活用!】5人家族ミニマリストのすっきりキッチン収納テク