赤ちゃんが黄色い!?新生児の生理的黄疸とは?

赤ちゃんが黄色い!?新生児の生理的黄疸とは?

こんにちは!助産師のREIKOです。「なんだか、赤ちゃんが黄色い……」赤ちゃんが生まれて数日すると、そんな変化に気付くママも多いのではないでしょうか?程度の差はあれど、生まれたばかりの赤ちゃんにみられる生理的変化のひとつに「生理的黄疸」があります。今回は、この生理的黄疸についてお話します。

 

こんにちは!助産師のREIKOです。「なんだか、赤ちゃんが黄色い……」赤ちゃんが生まれて数日すると、そんな変化に気付くママも多いのではないでしょうか?程度の差はあれど、生まれたばかりの赤ちゃんにみられる生理的変化のひとつに「生理的黄疸」があります。今回は、この生理的黄疸についてお話します。

 

どうして黄色くなるの?【その1】

ヒトの赤血球の寿命は、大体120日くらいで、体の中で分解され、体の外に排出しやすいように形を変えていきます。そのときに作られるのが「ビリルビン」で、黄疸のもとといっていいと思います。

 

赤ちゃんは大人よりも赤血球の数が多く、その寿命も60~80日と短いので、ビリルビンがたくさん作られてしまいます。

 

どうして黄色くなるの?【その2】

体の中で作られたビリルビンは、すぐには体の外に出すことができないので、体の外に出しやすような形のビリルビンにする必要があります。それを肝臓で行うのですが、赤ちゃんは肝臓の働きがまだ未熟なのでなかなかビリルビンを変化させることができません。

 

そして、やっと外に出せるような形になったビリルビンの一部は、新生児特有の腸の働きによって再度体の中に吸収されてしまいます。

 

こうしていろいろなことが重なり、たくさんのビリルビンが赤ちゃんの体にとどまっているせいで、黄疸が生じる=赤ちゃんが黄色くなるんです。

 

関連記事:

ピックアップ

「誰か開発して…!」共感しかない!?親になって分かったこの世に無いけれど子育てに必要なもの
「もうどうでもいいや…」気をつかっていた保育園生活を一変させた娘の実態とは?
「大学どこ?」学歴コンプレックスの私。結婚前、彼の問いに答えたら意外な展開に!?
妊娠中から“パパ育て”が必要!?子育ては妊娠中から始まっている?パパが心得ておくべきことは3つ