赤ちゃんのときから知っておこう!よく噛むことは肥満を予防します

赤ちゃんのときから知っておこう!よく噛むことは肥満を予防します

離乳食インストラクターの中田馨です。3回にわたって「噛む大切さ」についてお話します。前回は、噛むことは脳に刺激を与えることをテーマにお話ししましたが、今回は「噛むことは肥満を予防」がテーマです。

 

離乳食インストラクターの中田馨です。3回にわたって「噛む大切さ」についてお話します。前回は、噛むことは脳に刺激を与えることをテーマにお話ししましたが、今回は「噛むことは肥満を予防」がテーマです。

 

噛むことは肥満も予防する

よく噛むと、脳の満腹中枢が「もうおなかいっぱいだよ」という指令を出します。赤ちゃんが、あっという間に食べ終わらないよう、大人は「カミカミしようね」と声をかけたり、次々に食べ物を口の中に入れないなどの工夫も必要です。

 

子どもの肥満はなぜ良くないの?

子どもが肥満になる原因は生活習慣にあると思います。

 

・食生活の乱れ

・運動(遊び)が少ない

・睡眠不足   などなど

 

食事・睡眠・運動の3つの生活習慣は大切なんですね。そのなかで、「噛む」ことで改善していけるのが食事。ダラダラ食べをするのではなく、規則正しく食べることが大切です。

 

そして、食事の中身も改善していきましょう。幼児期までに体にしみ込んだ生活習慣は、将来の生活習慣にも影響します。それが将来の生活習慣病につながったら?と考えると大人の役割は重要。子どもの生活習慣を決められるのは大人だけだからです。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「うそーん!」ショック…月経で汚したシーツを洗ったら思わぬ展開!
夜泣きや寝ぐずりにへとへと… 夜寝ないのには理由がある?【助産師】
「借金とかじゃないよね!?」お家デート中に気になったのは…/結婚相談所-入籍編-
「すごいね、えらいね」長女を優しく抱きしめてみたら…#イヤイヤ期だと思っていたら3