【夏の節約】暑い日のエアコン対策~3つのポイント

【夏の節約】暑い日のエアコン対策~3つのポイント

2017年7月~9月の3カ月予報(気象庁・2017年6月23日発表)によると、今年の気温は、全国の地域で平年並みか平年以上になる可能性が高いと予想されています。

 

2017年7月~9月の3カ月予報(気象庁・2017年6月23日発表)によると、今年の気温は、全国の地域で平年並みか平年以上になる可能性が高いと予想されています。

 

これから本格的な暑さを迎えるシーズンになり、エアコンを付ける時間が増えている人も多いと思います。エアコンを使うにあたって3つのポイントをお伝えしますので、今後のエアコンを使う際のご参考にしてください。

 

1.掃除や環境を整えることが節電の第一歩

フィルター掃除は定期的に行う方がいいのはご存知の人も多いと思います。実際には2週間に1回を目安にフィルター掃除をするといいでしょう。使い方や掃除の頻度にも寄りますが、掃除前と掃除後では5%前後の電気代が変わることもあります。

 

また、室外機もまわりのものや雑草などを片付けたり、見える範囲のごみを取り除いたりと、できるだけ環境を整えましょう。なお、エアコン本体や室外機の内部は技術がないと破損や感電の可能性もありますので、専門業者に頼むようにしましょう。

 

2.空気の流れを意識しましょう

吹き出し口の近くに家具や家電などがあると、エアコンからの冷気が流れにくくなるので、可能であれば部屋全体に行きわたるようなお部屋のレイアウトにしましょう。また、締め切られた暑い部屋を冷やす場合は最初に窓を開け、扇風機やサーキュレーターで暑い空気を出すとエアコンの負担が減ります。

 

その後、ある程度、部屋が冷えたら扇風機やサーキュレーターを部屋の下部へ向け、部屋の下にたまっている冷たい空気を部屋全体に行きわたるようにすると部屋全体が冷え、電気代の節約になります。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「本当はね…」子育てに介入する義母にモヤモヤ!しかし意外な義母の想いを知って…
「うそーん!」ショック…月経で汚したシーツを洗ったら思わぬ展開!
夜泣きや寝ぐずりにへとへと… 夜寝ないのには理由がある?【助産師】
「借金とかじゃないよね!?」お家デート中に気になったのは…/結婚相談所-入籍編-