赤ちゃんのときから知っておこう!和食とよく噛んで食べることの関係

赤ちゃんのときから知っておこう!和食とよく噛んで食べることの関係

よく噛むための食事についてです。噛むことは脳にも体にもいいことだらけです。今日は具体的にどんな食材や料理がいいのかをお伝えします。和食はよく噛む料理と言われています。お米はもちろん、根菜などもよく噛まないと食べられません。子どものころからよく噛む食事を大切にして、体も歯も丈夫に育ててあげましょう。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。噛むことについて3回にわたってお話してきました。噛むことはあごを発達させ、肥満を予防し、脳を刺激するということでしたが、ではどのような食べ物を用意するといいでしょうか?


今日は私がおすすめする和食についてお話しします。

なぜ和食が噛む料理なの?

さて、どうして和食がいいのでしょうか。それは和食は必然的に噛む回数が多い料理だからです。和食と言えば一粒一粒噛んで食べるお米。汁物や煮物は根菜が多いですよね。それから繊維の多い野菜を使うことも多いです。

どんな食材をどんな風に食べるのいい?

では具体的にどんな食材がいいのかお伝えします。


たとえば、にんじん、大根、ゴボウ、イモ類、豆類、ごま、わかめ、きのこ類などです。食事は、ゆっくりと時間をかけ楽しむことが大切。ゆっくり噛んで食事に時間をかけることは、家族団らんにもつながります。

関連記事:

ピックアップ

「寝るんかい!」痛みにおびえる私。頼りの夫は逆ギレ…/卵巣のう腫が消えた#7
「圧倒的すぎる…」長女のときとの差に愕然!無痛分娩を終えて思ったことは
「二度とごめんだ」その後再び救急要請することに!その思いもよらない理由とは…?#1
「アオ!」色がわかってきた赤ちゃん。言葉で主張してきた要求に衝撃…!