赤ちゃんのときから知っておこう!和食とよく噛んで食べることの関係

赤ちゃんのときから知っておこう!和食とよく噛んで食べることの関係

よく噛むための食事についてです。噛むことは脳にも体にもいいことだらけです。今日は具体的にどんな食材や料理がいいのかをお伝えします。和食はよく噛む料理と言われています。お米はもちろん、根菜などもよく噛まないと食べられません。子どものころからよく噛む食事を大切にして、体も歯も丈夫に育ててあげましょう。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。噛むことについて3回にわたってお話してきました。噛むことはあごを発達させ、肥満を予防し、脳を刺激するということでしたが、ではどのような食べ物を用意するといいでしょうか?

今日は私がおすすめする和食についてお話しします。

なぜ和食が噛む料理なの?

さて、どうして和食がいいのでしょうか。それは和食は必然的に噛む回数が多い料理だからです。和食と言えば一粒一粒噛んで食べるお米。汁物や煮物は根菜が多いですよね。それから繊維の多い野菜を使うことも多いです。

どんな食材をどんな風に食べるのいい?

では具体的にどんな食材がいいのかお伝えします。

たとえば、にんじん、大根、ゴボウ、イモ類、豆類、ごま、わかめ、きのこ類などです。食事は、ゆっくりと時間をかけ楽しむことが大切。ゆっくり噛んで食事に時間をかけることは、家族団らんにもつながります。

関連記事:

ピックアップ

「騙されたと思って…」ベビーローションで寝かしつけがラクに!?半信半疑だったけど試してよかった!
「デカい子どもかよ!」ダンマリ夫の頭の中は想像以上にひどくて…#ワーママワンオペ奮闘記9
「なんで強がっていたんだろう」理想の母親像を目指してノイローゼ気味になっていた私を救ったのは…
「あと少しだったのに」早産で涙するママに義母が笑顔で放った言葉の意味に絶句…