【子育てと家計】夫の定年退職が子どもの独立より早い場合のポイントとは

【子育てと家計】夫の定年退職が子どもの独立より早い場合のポイントとは

ライフプランニングや家計の相談をさせていただいていると、ときどき「夫が定年退職を迎えても子どもがまだ学生である可能性が高いのですが、どうすれば良いですか?」とご質問されることがあります。

ライフプランニングや家計の相談をさせていただいていると、ときどき「夫が定年退職を迎えても子どもがまだ学生である可能性が高いのですが、どうすればいいですか?」とご質問されることがあります。


実際に平均初婚年齢は高くなる傾向にあり、2014年の統計では、男性31.1歳、女性29.4歳となっています。子育てとリタイヤ後の生活準備を両立できるようにするための3つのポイントをお話します。

1.教育費とリタイヤ後資金の準備を同時進行に

子どもが社会人になってから定年退職を迎える人は、子どもにかかっていた学費や生活費の大部分を老後資金の準備にあてることができますが、子どもが社会人になる前に定年退職を迎える人は、その準備期間がありません。そのため、教育費とは別に老後資金の準備を始める必要があります。


預金だけでなく、個人年金保険や株式・投資信託などの資産運用、個人型確定拠出年金などの方法も検討して、効率的に準備を始めましょう。老後に必要な貯蓄額はさまざま情報がありますが、60歳~64歳の公的年金の出ない期間の生活費と65歳以降の公的年金の額と生活費の差額を合計したものがひとつの目安となります。

2.固定費をスリム化する

以前のコラムでもお話した内容ですが、住宅ローン、光熱費、通信費、保険料などは一度設定してしまうとそのままになりやすい項目ですが、マイナス金利や電力自由化、格安携帯・スマホの普及など新しい料金体系や制度がこのところ変化がある項目でもあります。


現在の内容と新たな内容を比較し、最適なものを選択して固定費をスリム化できると、浮いた金額は上記の老後準備資金にあてることができます。

関連記事:

ピックアップ

「軽くてよかったじゃん」つわり中にかけられ、人知れず傷ついた言葉 #出産レポ描くってよ 4
出産中にシュワシュワ!?炭酸水をかけられたような感覚の原因はまさかの…
「キュンです…!」頼りないと思っていた彼。私が結婚を意識し始めた行動は…
「毒親から逃げて結婚したい!」DV実母が結婚に大反対!彼と結婚するため私は…