ビル・プルマン、『インデペンデンス・デイ』のタイトルに貢献

ビル・プルマン、『インデペンデンス・デイ』のタイトルに貢献

ビル・プルマンが『インディペンデンス・デイ』のタイトルに貢献していたようだ。1996年公開の同SF作でトーマス・J・ホイットモア大統領役を演じたビルの劇中でのスピーチが、当初『ドゥームズデイ』とされていたタイトルを『インディペンデンス・デイ』に変更する決め手となったのだという。

シネマブレンドとのインタビューの中で、その名シーンについて話した際、ビルはこう話している。「お分かりの通り、あのシーンは夜に撮影したんだ。暗いし、防音スタジオとかではなくね」「すごく遅い時間で、スケジュールが前倒しになってた。(プロデューサーの)ディーン・デヴリン と(監督の)ローランド・エメリッヒがフォックスとタイトルについて争っていたところでね」「もとは『ドゥームズデイ』となる予定だったと思う。フォックスはそう望んでたし、いかにもディザスター映画っていうタイトルだしね」

そんな中、デヴリンとエメリッヒが望んでいた『インディペンデス・デイ』というタイトルの入った演説シーンを演じることは、とてもプレッシャーだったと続けた。「2人は『インディペンデス・デイ』に従っていたから、あのスピーチをすごく良いものにしなきゃいけなかった」

そんな経緯を経て撮影したシーンが実際に仕上がった時、『インディペンデス・デイ』というタイトルになることを確信したそうだ。

ジミー・ファロン、ブラックフェイス騒動で沈黙を通さなかった理由を明かす http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=2070748

1 Wed, 03 Jun 2020 17:00:00 +0100 BST 2070748




ジミー・ファロン(45)は過去にコントで見せたブラックフェイスについて、沈黙を通すようにアドバイスされていたようだ。先日、20年前の『サタデー・ナイト・ライブ』で顔を黒く塗り、黒人を装ったことについて謝罪コメントを出していたジミーだが、反人種差別を求めた暴動がアメリカ各地で起こる中、司会を務める『ザ・トゥナイト・ショー』に専門家を招き今後の対応について議論した際、黙っていることはできなかったと再度謝罪した。

「考えた時、『自分でもゾッとしたし、とても申し訳ない気分であると同時に恥ずかしい』と言わずにはいられなかった」「僕のような白人男性にとって、一番の犯罪は沈黙だ。他の沈黙を保っている人たち全てにとってもね」「僕らは口を開く必要がある。何かを伝え続けないと。ツイッターで1日だけでなく『それはダメだ』と言う必要がある」

そして「良き協力者」となるべく方法を模索していると続けている。

それを受け、番組に参加した全米黒人地位向上協会 (NAACP)のデリック・ジョンソン代表は、「我々は皆、欠陥を持って生まれました。しかし、その欠陥は、完璧になるための道のりの一部なのです」「もし『自分は間違いを犯したことがない』などと言う人がいたら、逃げた方が良いです。なぜなら、その人は明らかな嘘つきですから」

また、米CNNのアナウンサーであるドン・レモンは、ジミーの正直さを称え、自分の行動を顧みることの大切さを訴えた。

]]>
Showbiz
2020-06-04 02:24:20 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=2070698 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=89a1ad4970be03f9f1a0e75d47c36e2d4a4e0fe1 a:1:{i:0;a:24:{s:2:”do”;s:1:”1″;s:5:”nName”;s:9:”mamatenna”;s:5:”uName”;s:15:”100006023118638″;s:5:”uPass”;s:97:”g9c1aq264h254k4h4m3k476e524v2z584v2v356e353t384d3s2e2s2e3t2t2v254a4y2f423a4y2r3s2d3r2p2u3v2j404r2″;s:9:”msgFormat”;s:61:”%TITLE% | %SITENAME%
https://mama.smt.docomo.ne.jp/article/%ORID%”;s:8:”postType”;s:1:”I”;s:8:”apiToUse”;s:2:”nx”;s:7:”fltrsOn”;s:1:”1″;s:5:”fltrs”;a:4:{s:17:”nxs_ie_tags_names”;s:1:”1″;s:14:”nxs_tags_names”;a:1:{i:0;s:4:”3024″;}s:23:”nxs_count_meta_compares”;s:1:”1″;s:23:”nxs_count_term_compares”;s:1:”1″;}s:7:”proxyOn”;i:0;s:7:”useSURL”;i:0;s:1:”v”;i:350;s:3:”tpt”;s:0:””;s:4:”pgID”;s:17:”p1458945744383890″;s:6:”imgUpl”;s:1:”T”;s:10:”riComments”;i:0;s:12:”riCommentsAA”;i:0;s:5:”proxy”;a:2:{s:5:”proxy”;s:0:””;s:2:”up”;s:0:””;}s:9:”wpImgSize”;s:4:”full”;s:5:”glpid”;s:0:””;s:5:”nDays”;s:1:”0″;s:4:”nHrs”;s:1:”0″;s:4:”nMin”;s:1:”0″;s:6:”appKey”;s:6:”AppKey”;}} a:1:{s:2:”tw”;a:1:{i:0;a:1:{i:0;a:4:{s:1:”l”;s:57:”https://twitter.com/mamatenna1/status/1268422291907469313″;s:2:”id”;s:19:”1268422291907469313″;s:1:”d”;s:19:”2020-06-04 06:00:15″;s:1:”w”;s:1:”s”;}}}} s:1170:”a:1:{i:0;a:26:{s:2:”do”;s:1:”1″;s:5:”nName”;s:10:”mamatenna1″;s:9:”msgFormat”;s:61:”%TITLE% | %SITENAME%
https://mama.smt.docomo.ne.jp/article/%ORID%”;s:6:”appKey”;s:55:”x5g9aq2t464m444b3l495t5y4z4p485d4g4c4a4o4a33635e3a3a4i4″;s:6:”appSec”;s:105:”d3h0ad4r5w25546a3d426w5q5k4j416d3p48364u2p46606i4r4e4k3246484m425u5a476e4i5n305f31304f405g3x4356434m494z4″;s:7:”fltrsOn”;s:1:”1″;s:5:”fltrs”;a:4:{s:17:”nxs_ie_tags_names”;s:1:”1″;s:14:”nxs_tags_names”;a:1:{i:0;s:4:”3024″;}s:23:”nxs_count_meta_compares”;s:1:”1″;s:23:”nxs_count_term_compares”;s:1:”1″;}s:7:”proxyOn”;i:0;s:7:”useSURL”;i:0;s:1:”v”;i:350;s:5:”twURL”;s:30:”https://twitter.com/mamatenna1″;s:11:”accessToken”;s:50:”2778114884-TIGYb2WB8YCiImmPqayxJVWKNZC6uGFKQgzWngq”;s:14:”accessTokenSec”;s:45:”SyKCMMP1CGRpevhlEtf2cm2sJiKWf7gAJdCvPt2tes866″;s:5:”tw140″;s:1:”1″;s:10:”riComments”;i:0;s:11:”riCommentsM”;i:0;s:12:”riCommentsAA”;i:0;s:8:”attchImg”;i:0;s:9:”wpImgSize”;s:4:”full”;s:5:”nDays”;s:1:”0″;s:4:”nHrs”;s:1:”0″;s:4:”nMin”;s:1:”0″;s:8:”isPosted”;s:1:”1″;s:4:”pgID”;s:19:”1268422291907469313″;s:7:”postURL”;s:57:”https://twitter.com/mamatenna1/status/1268422291907469313″;s:5:”pDate”;s:19:”2020-06-04 06:00:15″;}}”; エンタメ しない 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ