ケイト・ブランシェット、チェーンソーで頭を負傷

ケイト・ブランシェット、チェーンソーで頭を負傷

ケイト・ブランシェット(51)が、チェーンソーの使用中に頭部を負傷したという。イングランド南東部イースト・サセックスの自宅でロックダウン中に同機材を使用したケイトは、頭に軽傷を負ったものの「大丈夫」だという。

ジュリア・ギラード元豪首相のポッドキャスト番組『ア・ポッドキャスト・オブ・ワンズ・オウン』に出演したケイトは、「私は元気です。昨日ちょっとしたチェーンソー事故がありましたが、とてもエキサイティングに聞こえるかもしれないですが、そうでもなかったので」「頭に小さな傷を負った以外は、大丈夫ですよ」と話し、これに対しギラードは「そのチェーンソーには、本当に気を付けてくださいよ。あなたの頭はとても有名なんですから。一部が取り除かれたその頭を見たい人がいるとは思いませんから」と返した。

また、4人の子供を持つケイトは、息子ダシエル(18)君の大学受験をサポートするため1年間休みをとったものの、新型コロナウイルス感染拡大で学校閉鎖となり、大学進学へ向けた共通試験である「Aレベル」も中止となったことから、現在息子と気まずい時間を一緒に過ごしているという。「受験をサポートするという名目で1年の休みをとりました」「でも受験に関することは蒸発してしまって、私と関わりたくない18歳と一緒にいることになったというわけです」「少し困惑した状態ですが、ハイクラスの問題ですね。私達は元気にやっていますよ」

またロックダウン中、娘エディスちゃん(5)をホームスクーリングしてきたそうで「私は教師の方々を大いに尊敬しています」と続けている。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ