エアコンの節電効果あり!「自動運転」のすすめ

エアコンの節電効果あり!「自動運転」のすすめ

わが家の夏の電気代はエアコンを使用しない月に比べて倍も違います。設定温度を26℃から27~28℃に変えてみたところ、前月に比べて500円ほど電気代が安くなりました。これが全てエアコンの効果とも言い切れませんが、試してみる価値はあるかもしれません。また「自動運転」は節電効果が高いことも分かりました。

猛暑日が続く期間、わが家では電気代の約半分をエアコンが占めています。まったくエアコンを使わないときに比べ、電気代が倍以上異なる月も。でも、電気代を節約しようとエアコンを使わず、熱中症になっては元も子もありませんよね。今回は、わが家が試したエアコンの節電方法をお伝えします。

夏の電気代はエアコンが大きく占める!

わが家の電気代は、エアコンを使用しない月の平均が約10,000円程度。それが夏になると20,000円を超えてしまいます。電気代の多くをエアコンが占めていることが分かります。


でも、電気代を抑えようと猛暑日にエアコンを使用しないというのも熱中症などが心配ですよね。体温調節の未熟な子どもがいるとなおさらです。ニュースで聞いたのが、熱中症になる理由のひとつに「エアコンを使用しないこと」も挙げられるのだそうです。適度に使用する必要性があります。

1℃あたり10%電気代が変わる!?

設定温度を1℃あげると、5~10%の電気代が節約できるという話を聞いたことがありますか?エアコンの製造年月日や外気温によって消費電力が異なるため、一概に言えませんが、少なからず影響はあると思います。


設定温度を26℃から27~28℃に変えてみたところ、前月に比べて500円ほど電気代が安くなりました。これがすべてエアコンの効果とも言い切れませんが、試してみる価値はあるかもしれません。

関連記事:

ピックアップ

「ゲットだぜ」私の体で何が起きてる?いざMRI検査へ/卵巣嚢腫日記。#5
「病院のベッドの上で!?」失敗続きの婚活。倒れて行った病院で…ビビッときた!
「できないの?」夫の発言にカチン!忙しい産後に言われてイライラした言葉
義父母が分娩室に入ってきて記念撮影!デリカシーのなさにショック!