夏のカビ対策!現役ママが実践するお風呂のカビを防ぐ方法

夏のカビ対策!現役ママが実践するお風呂のカビを防ぐ方法

カビは水と温度、空気、栄養これら4つの条件が揃うことによって繁殖します。お風呂から出るときに、シャワー(高温)でせっけんカスなどをきれいに洗い流し、次に水をかけています。お風呂上りのひと手間でカビ予防効果を感じています。もうひとつのカビ対策は、ライオンが販売する「ルックおふろの防カビくん煙剤」を使うことです。


お風呂はカビが生えやすい場所ですよね。とくに夏は、カビにとって育ちやすい温度になるため、少しそうじをサボっただけでもすぐに生えてしまいます。なんとかしてカビを防ぎたい!今回は、そんな悩みを解決すべく、わが家でおこなったカビ対策をご紹介します。

お風呂はカビにとって住みやすいところ

カビは水と温度、空気、栄養、これら4つの条件が揃うことによって繁殖するといわれています。そのため、お風呂はカビにとって絶好の場所。とくに夏は、カビが繁殖しやすい温度になるのですぐに生えてきてしまいますよね。


カビを放っておくと、見た目はもちろん、衛生的にも心配です。でも、忙しくて入念にお風呂のそうじができないことも。そこでわが家では、カビを生えにくくするための対策を実行しました。

お風呂あがりのひと手間で断然違う!

せっけんカスなどの汚れもカビの温床になります。そこでまずお風呂から出るときに、高温のシャワーでせっけんカスなどをきれいに洗い流します。次に水をかけて温度を下げ、湿気の発生を減らします。最後に窓を開けて換気。この3ステップを心がけました。


カビは高温多湿の場所を好むので、その反対のことをすればいいと考えたのです!その結果、カビが発生しにくくなったように感じますよ。お風呂あがりのひと手間で、カビの発生を減らしましょう!

関連記事:

ピックアップ

2人目出産後、心身が苦しくなり…育児がつらかった私を救ってくれたもの
子どもが欲しい人は要チェック!2022年4月から不妊治療に保険が適用されます!
「な、ない!?」休み時間のたびに猛ダッシュ!学校のトイレになかった意外なモノ
「家に連れて行って」もう放っておけない!ついに敵陣へ… #放置子が勝手に家にいた話 11