生理前の急激な眠気はどうして?原因と対策を知ろう!

生理前の急激な眠気はどうして?原因と対策を知ろう!

生理前や生理中に眠くなるのは仕方ないとしても、昼間の時間帯の眠気を少なくするように気をつけたいものです。夜の睡眠をきちんと取れるように普段から生活習慣に気を遣っている人は知っていることかもしれませんが、生理前は次に挙げる […]

女性にとって長いお付き合いである生理。始まる数日前からとても眠くなり「そろそろだな」と感じる人も多いのではないでしょうか。眠気に誘われるまま眠れる環境にある人はいいかもしれませんが、そうでない人の場合は眠気に悩まされていることでしょう。ここでは、生理前の強い眠気の原因とすぐに気軽に実践できる対処方法をお伝えします。

なぜ生理前になるとどうしようもなく眠くなるの?

生理前に眠くなるのは「プロゲステロン」という黄体ホルモンが多く分泌されるからです。妊娠しやすい状態を作る黄体ホルモンの作用の一つに、「催眠作用」があります。プロゲステロンには、一般的な睡眠薬と同じくらい強力な睡眠作用があるとされています。
また、入浴後など体が温まった後で布団に入り、体温が下がっていくときに眠くなる経験は多くの方がしていることでしょう。黄体ホルモンには「体温を上げる作用」もありますが、この作用により体温が高い状態が1日中続くことで夜もよく眠れず、いつでも眠いというようなことが引き起こされています。
どちらの作用も妊娠した女性にとっては「安静にして受精卵を守りなさい」と働きかける重要なものですが、そうでない女性にとっては困ることも多い作用です。その他にも、イライラする・肌荒れする・お腹が痛くなる、などといった生理前の症状を併せ持っている人にとっては、寝ていられるものなら寝ていたいというのが本音でしょう。でも寝てばかりいられない、という女性のために生理前の眠気解消方法を紹介していきます。

普段よりここに気をつけよう!生活習慣での注意点



生理前や生理中に眠くなるのは仕方ないとしても、昼間の時間帯の眠気を少なくするように気をつけたいものです。夜の睡眠をきちんと取れるように普段から生活習慣に気を遣っている人は知っていることかもしれませんが、生理前は次に挙げるようなことに注意してみましょう。
まず、朝起きる時間は一定にし、可能であれば朝に太陽の光を20分以上浴びるようにしましょう。出勤などで朝の光を浴びる人は、それだけでも十分です。そして夜は就寝時間の1時間前くらいから、スマホやテレビなどの強い光の刺激を避けることが大切です。スマホなどは寝る直前まで画面を見ている人も多くいるでしょう。ですが、強い光の刺激は目や脳がリラックスした状態になるのを妨げてしまいます。また、就寝前には覚醒効果のあるカフェインの入ったコーヒーや紅茶などの飲み物を飲まないようにしましょう。どれも、「夜に眠れず昼間に眠い」という生活を避けるのに有効な方法です。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?