子どもの危険を回避!わが家の安全対策

子どもの危険を回避!わが家の安全対策

わが家は2階建ての戸建住宅。子どもがハイハイをしたときから、コンセントカバーやコーナーカバー、階段ゲートは必須です。加えて、物を増やさないようにすることで片付けしやすく、ケガ防止になります。湯船は入ったあと、すぐに空にします。2階の窓は3点ロックで開けられないようにし、危険がないか常に意識しています。

家の中で子どもと過ごしていると、ヒヤッとすることありませんか?私には2歳から10歳までの子どもが4人います。休みの日は朝から夜寝るまで大騒ぎ。そんな子どもたちと過ごしていくなかで、ケガだけはさせないように対策をしています。おかげで子ども4人は大きなケガをすることもなく、すくすくと成長しています。

部屋と階段の安全対策

わが家は2階建ての戸建住宅。子どもがハイハイをしたときから、コンセントカバーやコーナーカバー、階段ゲートは必須でした。


加えて、家が散らからないよう、工夫をしています。おもちゃは子ども部屋に置き、月に一度は断捨離をしています。物を増やさないようにすることで、片付けもしやすくケガ防止に。


床にはいつの間にかホチキスの針が落ちていたり、小さな部品が落ちていることもあるので、朝は掃除機、夜はウエットシートで床掃除をしています。

お風呂の安全対策

お風呂場も危険なことが多いので、注意しています。床が濡れているとすべって転ぶこともあったので、ゆっくり歩くことを徹底し、万が一ころんだときにぶつかりやすいイスや使わないおもちゃを置くのをやめました。


当たり前ですが、大人用のカミソリも手の届かないところに置きます。湯船は何かの拍子に溺れたら危険なので、入浴後は洗濯などに使用し、すぐに空にしています。

関連記事:

ピックアップ

「今日、どう?」思い出すトラウマ。夫の姿を義父に重ねてしまい… #セクハラ義父 お別れ編 1
「なんてことをしてたんだ」生理だと嘘をついて水泳をサボっていたら…
「腫瘍!?」悪い病気ってこと!?今まで気にならなかったのに…/卵巣嚢腫日記。#4
息子に笑顔が戻って安堵。完治して母が感じたこと #息子のRSウイルス体験談 最終話