シャロン・ストーン、アイロン中に落雷!?

シャロン・ストーン、アイロン中に落雷!?

シャロン・ストーン(62)がアイロン中に落雷し、キッチン内で跳ね飛ばされたという。その際、冷蔵庫の横で意識を失っていたとそうで、今回その経験について明かしたかたちだ。

ポッドキャスト番組『フィルムズ・トゥ・ビー・バリード・ウィズ』に出演した際、シャロンはこう話している。「アイロンに水を入れていたの」「蛇口に手があったの。鉄製の蛇口にね。その時、源泉に落雷して、その雷が水を伝わってきたの」「それを感じて、私はキッチンの反対側まで飛ばされた。それで冷蔵庫にぶつかった。『うわ!』って感じだった」

幸い、母親がいたため、叩かれて目を覚ましたという。「私の母がそばに立っていて、顔を叩かれ、私は目が覚めた」「すごく変な状態になってたわ」

そしてその10日後、体内に電流が走っていないかを確かめるため、心電図を取ったのだそうだ。

そんな体験をしたシャロンは、2001年、くも膜下出血で死の淵を彷徨った経験もある。当時は、気づくのが遅かったことから生存率1%と言われていたが、奇跡の生還を果たした後、「ひどい頭痛」がした際には医者に相談するように訴えている。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ