マンディ・ムーア、39歳で他界した『This Is Us』脚本家を追悼

マンディ・ムーア、39歳で他界した『This Is Us』脚本家を追悼

マンディ・ムーアが主演ドラマ『This Is Us』の脚本家であったジャズ・ウォーターズが、39歳で他界したことを受け、追悼メッセージを贈った。ウォーターズの死は10日(水)、同ドラマの脚本チームの公式ツイッターにて発表されたが、死因については明かされていない。

これを受け、同ドラマでレベッカ役を演じているマンディは、「ジャズのご遺族に愛と光を贈ります」と投稿、ベス役のスーザン・ケレチ・ワトソンもその訃報を受け、ショックと悲しみの意を表している。

また、番組のクリエイターであるダン・フォーゲルマンも、ウォーターズが素晴らしい作家であったと称賛、「まだ語るストーリーがたくさんあった。そして、番組に大きな足跡を残してくれた。ご遺族のことを思うと胸が痛い。安らかにお眠り下さい」とメッセージを贈った。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ