スポーク外傷って知ってる?自転車で起こる子どもの足の巻き込み事故

スポーク外傷って知ってる?自転車で起こる子どもの足の巻き込み事故

「スポーク外傷」という事故をご存知でしょうか?自転車の後ろに乗った人が後輪に巻き込まれて足に外傷を負うことです。自転車でのケガを防ぐには前に乗せるときも、うしろに乗せるときにも、子どもにはヘルメットをかぶせましょう。また、乗る前には必ず幼児用座席に破損やぐらつきがないかの確認をしてください。

こんにちは。子どもを自転車に乗せてお出かけするママも多いと思います。そこで、自転車の後ろに乗せた同乗者が足を巻き込まれてケガをする「スポーク外傷」という事故をご存知でしょうか? 

スポーク外傷とは?

自転車の後ろに乗った人が後輪に巻き込まれて足に外傷を負うことです。ひどい場合はアキレス腱が露出してしまうなどの状態になることも。また、見た目では軽く見えても長引くケースもあります。


過去5年ほどで172件も報告されており、その半数以上の90件が6歳未満の子どもでした。巻き込まれる部分は足首から下が多く、完治に1年以上もかかったケースが13件もあったそうです。

あなたは違反していない?

子どもを自転車の後ろに乗せる場合、子どもの年齢が6歳未満であること、幼児用座席を使用していることが認める条件となっています。これらの条件を満たしていないと道路交通法違反となるので注意しましょう。


自分が自転車を運転しているとき、うしろはまったくの死角になります。ママが安全に自転車を運転するためにも規則は守ってくださいね。


関連記事:

ピックアップ

「ん?彼と…したいかも」想定外の感情に困惑!彼の手を…/結婚相談所-夫編-
やりがちだけどダメ! 保育士が実は困っているおうちごはんについて
発達や家庭環境は問題ない!?感情が爆発してしまう理由とは…【保育園のお話 手がかかる子!?編2】
「はぁ!?」ママ友呼び捨て&失言する夫についにブチギレ!#ママ友ありえない話12