管理栄養士が解説!妊娠中の食事は量と質がポイント

管理栄養士が解説!妊娠中の食事は量と質がポイント

体重の増えすぎを抑えるために、妊娠中の食事は量と質が大切です。とくに栄養をまんべんなく摂るためにも1日3食、栄養バランスのとれた献立にしたいですね。妊娠中の献立の基本になる「一汁二菜」の食事とはどんなものかご紹介します。

体重の増えすぎを抑えるために、妊娠中の食事は量と質が大切です。とくに栄養をまんべんなく摂るためにも1日3食、栄養バランスのとれた献立にしたいですね。

妊娠中の献立の基本になる「一汁二菜」の食事とはどんなものか、今回はポイントと併せてご紹介します。

「一汁二菜」が基本!主食、主菜、副菜を

妊娠中の食事は、丼ものやワンプレートごはんのような品数が少ないものでは、栄養のバランスも悪くなります。

さまざまな食品をまんべんなく食べることができるように、献立は主食を中心にエネルギーをしっかり摂りながら、おかず2品と汁物のある「一汁二菜」を目指しましょう。

■主食:ごはん、パン、めん類など(炭水化物)

■主菜:肉、魚、卵、大豆製品。(たんぱく質、脂質)

■副菜・汁物:野菜、きのこ、海藻類、果物、乳製品(ビタミン、ミネラル、食物繊維)

主食をしっかり、主菜はバランスよく!

ママの体と赤ちゃんのためにも、妊娠中はエネルギーが必要です。エネルギーになるものは、主食で食べる炭水化物です。ごはんやパンなどを、毎食しっかり食べましょう。とくに脂質の少ないごはんは、献立が和風になるのでおすすめです!

また、赤ちゃんの体をつくる、たんぱく質も重要です。主菜は肉や魚のほかにも、植物性のたんぱく質である豆腐や納豆なども組み合わせながら食べるようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

<保育園退園!?>「退園になります」保育園継続のため電話かけると、市役所職員の発言に呆然!
<産後のPMS>「大好きなのにごめん」やさしくしたいのに…気持ちとは裏腹に!?
<0日婚>「お前は相手に流されすぎ!アタシも結婚には反対」心配した姉から厳しい言葉をかけられ…
助産師さんにいきむアドバイスをもらったけれど、上手くいかなくて…?