離乳食開始前にできる!赤ちゃんの発達につながる遊び

離乳食開始前にできる!赤ちゃんの発達につながる遊び

もうすぐ離乳食導入期を迎えるママたちへ、赤ちゃんの発達につながるカンタンな遊びをご紹介します。離乳食を受け入れる準備として、発語にもつながる口の発達のほか、身体遊びで刺激を与え、支えれば座れるようにしておくのもいいでしょう。いずれも無理強いはせずに、ママと赤ちゃん、2人で息を合わせて遊ぶことが大切です。離乳食が始まる前に、遊びを通して赤ちゃんの発達を育んでいきましょう。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。生後4~5カ月になると、「もうすぐだな」と思うのが離乳食。初めての赤ちゃんの離乳食だと分からないことだらけで不安なこともあると思います。そんなママへ、今日はふだんの遊びを通してできる赤ちゃんの発達につながるカンタンな遊びをご紹介します!

口の発達につながる遊び

産まれてから、母乳やミルクしか口に入れたことがない赤ちゃん。乳汁を吸って飲みこむことは生まれもって持っている能力ですが、離乳食を食べることは練習をして獲得していく能力です。生後5カ月になり、口の発達が離乳食を受け入れる準備ができているほうがスムーズに進みます。この遊びは発語にもつながるのでぜひしてみてください!
■生後2カ月ごろからできる遊び
「うっくん」と赤ちゃんに語りかけます。
■生後4カ月ごろからできる遊び
舌を左右に「レロレロ」と言いながらゆっくり動かします。
■生後7カ月ごろからできる遊び
くちびるを「ぶうううう」と振るわせます。このくちびるで「ぶうううう」。食事中にするととっても困るのですが、それも赤ちゃんの発達の段階でもあります。遊びのときだけすることを赤ちゃんに伝えていきましょう。
どの遊びも、ポイントは赤ちゃんと目を合わせてから行うこと。赤ちゃんはママの口の動きを観察し、時間をかけてマネをしようとしますよ。

体の発達につながる遊び

離乳食は口以外の体の発達も大切です。離乳食開始時に支えると座れるようになっているといいですね。赤ちゃんの発達に合わせた体遊びの刺激を与えることが大切です。
たとえば、「うつ伏せ」「寝返り」「支えて座る」「大人の指や物を握る」などの遊びを発達に合わせて行いましょう。座るためには足腰の筋力が必要です。その前段階のうつ伏せがとても重要なのです。うつ伏せ遊びをしっかりさせることから始めましょう。また、手からの刺激は脳を刺激します。大人の指を握らせる、握りやすいおもちゃを握らせるなど、にぎにぎ遊びの時間をとりましょうね。

関連記事:

ピックアップ

<保育園退園!?>「退園になります」保育園継続のため電話かけると、市役所職員の発言に呆然!
<産後のPMS>「大好きなのにごめん」やさしくしたいのに…気持ちとは裏腹に!?
<0日婚>「お前は相手に流されすぎ!アタシも結婚には反対」心配した姉から厳しい言葉をかけられ…
助産師さんにいきむアドバイスをもらったけれど、上手くいかなくて…?