つら~い生理前のだるい症状…緩和させる方法ってある?

つら~い生理前のだるい症状…緩和させる方法ってある?

生理前には必ず体になんらかの不調があらわれる、そんな方は多いのではないでしょうか。症状や不調を感じる期間は人それぞれですが、毎月一定の期間、体がだるく、重く感じるので仕事がはかどらなかったり、普段できていることができなか […]

生理前には必ず体になんらかの不調があらわれる、そんな方は多いのではないでしょうか。症状や不調を感じる期間は人それぞれですが、毎月一定の期間、体がだるく、重く感じるので仕事がはかどらなかったり、普段できていることができなかったりしてストレスを溜めやすい時期ともいえます。この生理中のだるい症状を少しでも緩和する方法を紹介します。

生理前のだるさはホルモンバランスの乱れが原因



生理前に、体がだるくてやる気が出ない、昼間に頻繁に眠くなってしまう、体が重くてむくみがち、などの不調を感じたら女性ホルモンが原因である可能性があります。これらの症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれ、生理周期に影響を与えるエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが関係しているといわれています。この2つの女性ホルモンは、排卵後に妊娠をするための体の状況をつくり出しています。その後、受精卵の着床がないと、生理が起こります。そのため、生理前の体は妊娠の準備のための女性ホルモンの影響を受けて、積極的に水分を溜めこんだり、血行が悪くなったりすることにより、体がだるいなどの変化が起こりやすくなるのです。

PMSを自覚するのは生理の1週間くらい前からという方もいれば、2、3日前に自覚する方もいます。さらに症状もさまざまで、だるいと感じたり肩こりがあったりする方もいれば、気分が落ち込んでしまうなどの症状で日常生活に支障をきたしかねないほど辛い不調を感じる方もいます。女性ホルモンのバランスが乱れると、体のあちこちに影響が出てPMSもひどくなる可能性があるので、ホルモンバランスを正常に保つための対策を考える必要があるでしょう。

生理前のだるさは食事で改善できる!



生理前にだるいと感じ始めたら、何か自分でも身近に緩和する方法があればいいなと思いませんか。手軽にできる方法であれば、とりあえず実践してみることが大切といえます。例えば毎日の食事から少しずつ見直してみることで症状が和らぐこともあります。体に直接取り入れるもので生理前のだるさの改善が少しでも期待できるのであれば、試してみる価値はあるのではないでしょうか。
体がだるくて辛いときには、むくんだり、便秘になったり、その他の体の不調も起こりやすくなります。生理前には体に余分な水分を溜め込んでしまうので、利尿作用が期待できるビタミンEを多く摂取し、塩分を控えるようにしましょう。お酒も控えることをおすすめします。
また、便秘も生理前に自覚する方がいます。体がだるくて動くのが億劫になることが影響している可能性はありますが、排泄を促す効果が期待できる食物繊維を多く摂取するとよいでしょう。大豆、きのこ、海藻類などに多く含まれます。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?