今日は防災の日。2棟全焼の火事をきっかけに知った近隣火災時の対処法

今日は防災の日。2棟全焼の火事をきっかけに知った近隣火災時の対処法

1923年9月1日に発生した関東大震災にちなみ、毎年9月1日は「防災の日」とされています。わが家の近隣で2棟が全焼する火事が起こり、予想外のことにパニックになりました。近隣の火災はあっという間に2棟を全焼し、2時間後に鎮火。そこで、近隣火災時の対処法を調べ、飛び火を防ぐ対策と持ち出すといいものをケースにまとめました。

1923年9月1日に発生した関東大震災にちなみ、毎年9月1日は「防災の日」とされています。そこで今回は、わが家の近隣で2棟が全焼する火事が起こり、予想外のことにパニックになった話をしたいと思います。もしその日が強風だったなら、わが家にも飛び火している距離。子連れで避難することを考えさせられるできごとでした。

「災害」=「地震」と思っていた

私の実家は東日本大震災で大津波の被害を受けた場所にあります。幸いなことに両親と親族は無事で、3.11以降、震災の話を聞き、対策は万全にしているつもりでした。


わが家は鉄筋の戸建住宅で、地震にとても強く作られているため、家が倒壊することを考えておらず、非常持ち出し袋よりも家の中の備蓄を重点的に強化していました。また、「災害」=「地震」という気持ちが強く、家に消火器はあるものの、近隣の火事は想定していませんでした。

あっという間に広がる火

ある日、家のまわりになんとなく煙っており、焦げ臭いにおいが漂っていました。5分ほど経ったとき、数台の消防車のサイレンが間近に聞こえ、様子を見るために外に飛び出しました。


4~5台の消防車が集まっているほうを見ると、あっという間に屋根を突き抜けて3階ほどの高さまで火柱が上がりました。隣の住宅にも燃えうつり、灰があちらこちらに降り積もってきました。火事を間近で見るのは初めてだったので恐怖を感じました。

関連記事:

ピックアップ

「結婚してよかったのかな」頼りない夫に後悔…と思いきやまさかの激変!?
妻がいない間に家で不貞行為を? 青ざめる夫を問い詰めると… #不倫夫にサヨナラ 20
「なぜ、そうなる?」わが家のモーニングルーティンが休日と平日で著しく異なる件
ズボラが招いた悲劇!無痛分娩の処置中に人だかりができたワケとは?