子どもが干物や練り製品を食べられるのはいつから?

子どもが干物や練り製品を食べられるのはいつから?

離乳食を卒業して、やっと幼児食になった時期の子どもたち。魚を加工したものは、いつごろから食べられるようになるのでしょうか?子どもが食べられる時期とそのときのポイントについてご紹介します。

離乳食を卒業して、やっと幼児食になった時期の子どもたち。たまには、大人が食べている塩鮭やアジの干物、また、かまぼこのような練り製品も食べさせたくなりますね。

魚を加工したものは、いつごろから食べられるようになるのでしょうか?子どもが食べられる時期とそのときのポイントについてご紹介します。

魚の干物はごく少量にすること

塩鮭やあじの開き、さばの一夜干しのような魚の干物には、塩分が多く含まれています。離乳食を卒業して幼児食を食べる時期になっても、積極的に食べさせる必要はありません。食べさせるときは、干物の一部を取り分け、ごく少量にしましょう。

練り製品は塩抜き&刻んだものを!

ちくわやかまぼこのような練り製品には、塩分や添加物が多く含まれています。また、かまぼこの場合、弾力もあるので幼児期の子どもが食べるときに、うまく噛み切れない場合もあります。

食べさせるときは、2歳近くなってから。熱湯をまわしかけてしっかり塩分を抜き、細かく刻んだものを食べさせるようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

〈子宮外妊娠〉「痛い!」緊急手術が終了。目が覚めると、ある部分に激痛が…!
「鼻にラムネが!!」3人目の子育てで初めて経験した予想外の冷や汗体験
<ヤバイ義従姉> 「ちょっと話せるか?」不倫事件から数年後。親戚の集まりで相手の夫と再び再会し…
<騒音トラブル>騒音を出しているのは隣人なのに、なぜ私たちが我慢するの…?