妊娠中期は食べすぎに注意!ママとベビーのための食事の基本

妊娠中期は食べすぎに注意!ママとベビーのための食事の基本

妊娠中期は体調も安定し、食欲が増すため、体重管理に気を付けたい時期。減塩に注意し、カルシウムやたんぱく質をできるだけたくさんの食材から摂りましょう。また、貧血を予防するためにも、鉄分が多く含まれている食材を選んでくださいね。食べ過ぎを防ぎたいときは、食感がよく噛み応えのある食材を選びましょう。

妊娠中期は16〜27週。赤ちゃんの動きが感じられるようになるこの時期は、おなかもふっくら。体調も安定しているため、妊娠生活を楽しむ気持ちの余裕も出てくるようになります。

ただ、つわりがおさまると、これまで以上に食欲が増すため、体重管理に気を付けたい時期でもあります。今回は妊娠中期に食べたい食事についてご紹介します。

食べ過ぎに注意しながら減塩を!

妊娠中期の場合、1日に必要なエネルギーは妊娠初期に比べて250kcalプラスするだけ。ごはん茶碗1杯ぐらいのエネルギーになりますが、つわりがおさまると急に食欲が増すため、つい食べすぎてしまうことがあります。体重が急激に増えて肥満にならないためにも、こまめに体重をチェックしましょう。

また、食べる量が増えてくると、知らず知らずのうちに塩分も多く摂りがちです。塩分を控えた食事で、むくみや妊娠高血圧症候群を予防しましょう。

妊娠中期、積極的に摂りたい栄養素は?

赤ちゃんの骨格ができあがるこの時期は、カルシウムやたんぱく質をできるだけたくさんの食材から摂りましょう。また、赤ちゃんが成長するにしたがって、血液が必要です。貧血を予防するためにも、鉄分が多く含まれている食材を取り入れましょう。

食べ過ぎを防ぎたいときは、食感がよく噛み応えのある食材を選ぶこと。食べたときに満足感のあるメニューで、バランスよく栄養を摂りましょうね。

関連記事:

ピックアップ

赤ちゃんの発達のために、長時間使用しないほうがいい育児グッズとは!?【3児ママ小児科医が解説】
風邪の原因に!?冬の赤ちゃんの服装でやりがちなNGとは?
「代わってあげなよ!」育児は見て見ぬ振りで自分勝手な夫を激変させたのはまさかの…!?
「もう遊ばない」と言われ傷ついた息子…話を聞くと、原因は息子にあることが判明して…!?【体験談】