妊婦の誰もが悩む体重管理!気をつけるべきこととは?

妊婦の誰もが悩む体重管理!気をつけるべきこととは?

妊娠、出産という女性ならではの特別で幸せな出来事には、同時に今までとは違う身体の状態にわからないことも続出しがちです。なかでも、どんどん増える体重には悩む人も多いでしょう。通常のダイエットとは違う体重管理には、妊娠中の女 […]

妊娠、出産という女性ならではの特別で幸せな出来事には、同時に今までとは違う身体の状態にわからないことも続出しがちです。なかでも、どんどん増える体重には悩む人も多いでしょう。通常のダイエットとは違う体重管理には、妊娠中の女性が母体や赤ちゃんのために、理解しておいた方がいいものがあります。

自己流ではない正しい体重管理で、健康的なマタニティライフを送りましょう。

「赤ちゃんの分まで食べなきゃ」は大間違い!

ひと昔前までは、妊娠がわかると「赤ちゃんの分まで食べなければならない」といわれていたので、そのイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実は妊娠中も通常の成人女性一食分の食事量で十分に足りることがわかってきました。そのため一日の食事量は、妊娠前と同じで大丈夫なのです。ただ、妊娠中にはいつもよりも多く栄養素が必要であり、鉄分やタンパク質、ビタミンなどがあげられます。栄養バランスには気をつけましょう。

妊娠中はお母さんが食べたものが、そのまま赤ちゃんにいくわけではなく、一旦母体に蓄えられます。赤ちゃんが育つためには、ある程度の皮下脂肪が必要なので、母体には脂肪を蓄えやすく作用するホルモンが分泌されます。また、妊娠中は母体と胎児に血液を循環させなければいけないため、母体の血液中の水分量を増加させて胎児に血液を回しています。そのために母体の血液量は通常の約1.4倍(7000cc)に増え、体重も2kgほど増加するのです。

妊婦はこれらの理由から体重はある程度増加します。しかし体重が増えすぎて起こる様々なリスクがあるので、体重管理は必要です。

体重が増えすぎるとどんな弊害が出る?

妊婦は大きくなる子宮や乳房、増加する血液や羊水、胎盤や赤ちゃんの成長などにより体重は増加しますが、妊婦の体重が増えすぎたことによって起きるリスクは大きいため、増えすぎないように体重管理をすることが大切です。

体重が増えすぎたことにより起こるリスクには、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、身体が重くなったことによる腰痛・膝痛などがあげられます。また妊娠線も出やすくなってしまいます。妊娠高血圧症候群を放置すれば胎盤の機能が低下して赤ちゃんに栄養がいかなくなり、未熟児や早産の原因になり母子ともに危険です。妊娠糖尿病では赤ちゃんが巨大児になりやすく、帝王切開の可能性も高くなります。そして産後は慢性的な高血圧症、あるいは糖尿病に移行することもあります。

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?