【赤ちゃんから保育園】長女を通わせた理由、長男を通わせなかった理由

【赤ちゃんから保育園】長女を通わせた理由、長男を通わせなかった理由

赤ちゃんを保育園へ預けるのは後ろ髪を引かれる思いですが、しつけは本当に楽に、仕事を持つことで重圧感や閉塞感から開放され、育児に前向きになれるなどいいこともたくさんあります。やっと授かった長男は、なるべく近くで成長を見守りたいと思い、3歳まではどこにも預けないことに決めました。

かわいい盛りの赤ちゃんを保育園へ預けるのは後ろ髪を引かれる思いですが、いいこともたくさんあります。筆者が長女を赤ちゃん時代から保育園へ預けてよかったこと、また長男を保育園に預けない理由などをお伝えします。迷えるママとパパは、ぜひ参考にしてくださいね。

ママの子育てストレスも軽減

自分の母親世代からは怒られそうですが、保育園に通うとママの子育てストレスが軽減するというのは私にとって事実で、本音です。


赤ちゃんから保育園で過ごすことで、先生や周囲の大人の言うことをよく聞いてくれるようになるので、その後に待っている「イヤイヤ期」や「トイレトレーニング」「お箸のトレーニング」などのしつけが本当に楽だったと感じています。


そして、あくまで私の場合ですが、仕事を持つことで「24時間ママ業」という重圧感や閉塞感から開放されました。社会と接点を持つことで、「子育てもがんばろう」という前向きな気持ちになりました。

同志のような、親しいママ友ができる

働くママ同士では、仕事や家事・育児の両立の難しさや大変さが、お互い痛いほどよく分かるので、共感し合える部分が多いですよね。長くお付き合いが続く親しいママ友ができやすいと思います。


私の場合、自宅で長女を子育てしていたころはママ友がいませんでした。しかし、働き出してから、職場でも保育園でも分かり合えるママ友と出会い、仕事を離れた現在も助けあって親しいお付き合いが続いています。

関連記事:

ピックアップ

まさかの極太注射刺し直し!?医師の問いに正直に答えた結果…【4人目ドタバタ無痛分娩レポ15】
「ママなのに泣き声聞こえないの?」ってひどい!パパが思い描く理想のママ像に苦しめられ…
「なめられてんのよ!」実母にふりまわされた結果…奇跡の出会いが! #HSPがHSCを育てています 21
「ここまで酷い人は久しぶりだよ」そんなに!?つわりを必死に耐えていたら…