妊娠中のつらい「つわり」時期の食事、どうしたらいい?

妊娠中のつらい「つわり」時期の食事、どうしたらいい?

つわりで食べられないときは、無理をして食べようとしないこと。食欲がなく嘔吐があるときでも、脱水症状を避けるために水分はしっかり摂りましょう。また、あまり刺激の強い味にならないように注意しながら、風味や香りをうまく料理に取り入れ、食べやすくなるように調理方法もちょっと工夫をしてみましょう。

妊娠初期から始まるつわりは、人によって症状はさまざまです。胃のもたれやむかつきのほかにも、においに敏感になる、嘔吐や吐き気がある、さらには眠気に悩まされることがあります。


今回は、つわりがおさまるまでの期間に、どのような食事をしたらいいのかをご紹介します。

つわり中は食べたいときに食べたいものを!

つわりは妊娠初期、ホルモンの影響で嘔吐や吐き気が始まる症状のことをいいます。個人差はありますが、食べ物の好みが急に変わったり、胃がむかついたり、嘔吐のために思うように食べることができない時期が続きます。


食べられないときは、無理をして食べようとしないことが大切です。栄養バランスを気にしすぎず、食べられるときに食べられるものを少量に分けて摂りながら、この時期を乗り切りましょう。

水分だけはしっかり補給すること!

食欲がなく嘔吐があるときでも、脱水症状を避けるために水分はしっかり摂ることが大切です。水やお茶のほかにも、野菜ジュースやスポーツドリンク、水分の多い果物もおすすめです。手作りスムージーで、栄養と水分を補給してもいいですね。


また、体調がいいときには、野菜スープや味噌汁のような水分の多い汁物をいつもより多めに作っておくと便利です。もちろん塩分は控えめにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

「えっ…この痛み…!」子宮卵管造影検査で衝撃!/生理不順でも妊娠13
「全部俺のせいにしていいから」先輩の神対応に感激!急いで駆けつけるも間に合わなくて #僕と帰ってこない妻 51
まさかの極太注射刺し直し!?医師の問いに正直に答えた結果…【4人目ドタバタ無痛分娩レポ15】
「ママなのに泣き声聞こえないの?」ってひどい!パパが思い描く理想のママ像に苦しめられ…