妊娠中の貧血予防は食事から!貧血を防ぐ食事法とは?

妊娠中の貧血予防は食事から!貧血を防ぐ食事法とは?

貧血を予防するためには、妊娠後期は通常よりも約3倍も鉄分を多く摂る必要があります。鉄分の吸収を高める栄養素とあわせて摂ることで、貧血予防の効果もアップします。また赤血球を作る時に欠かせない葉酸やビタミンB12をあわせて摂ることで、貧血をさらに予防することができます。

妊娠中は赤ちゃんに栄養と酸素を運ぶため、血液中で酸素を運搬する「鉄分」が妊娠前よりもたくさん必要です。


ただ、もともと現代の女性は妊娠前から鉄分が不足しがちなため、妊娠するとさらに貧血の症状が出やすくなります。今回は、貧血を予防するためには、どんな食事にすればいいのかをご説明します。

食品でたっぷり鉄分を摂る!

妊娠中の鉄分は重要ですが、とくに妊娠後期は通常よりも約3倍も鉄分を多く摂る必要があります。妊娠後期を過ぎたら、鉄分が多く含まれている食品を意識して食べるようにしましょう。


【鉄分が多い食品】

牛・鶏・豚のレバーや牛の赤身肉、まぐろやかつおの魚、あさりなど

鉄の吸収をアップさせる!

もともと鉄分は、体では吸収されにくい栄養素のため、効率よく摂る工夫が必要です。鉄分の吸収を高める栄養素とあわせて摂ることで、貧血予防の効果もアップします。


肉や魚などのたんぱく質、そして野菜や果物に含まれているビタミンCと一緒に摂るようにしましょう。主菜を肉や魚料理に、副菜や付け合わせにビタミンCが含まれているものを添えると食事のバランスもよくなりますよ。

関連記事:

ピックアップ

「えっ…この痛み…!」子宮卵管造影検査で衝撃!/生理不順でも妊娠13
「全部俺のせいにしていいから」先輩の神対応に感激!急いで駆けつけるも間に合わなくて #僕と帰ってこない妻 51
まさかの極太注射刺し直し!?医師の問いに正直に答えた結果…【4人目ドタバタ無痛分娩レポ15】
「ママなのに泣き声聞こえないの?」ってひどい!パパが思い描く理想のママ像に苦しめられ…