【発達障害の息子】母の心配をよそに大きな成長を遂げていたエピソード

【発達障害の息子】母の心配をよそに大きな成長を遂げていたエピソード

わが家には、自閉症という発達障害を持つ息子がいます。普通の子どもでは当たり前のことでも、発達障害を持つ子どもたちにとってはすごい成長に思えることがたくさんあります。今回は、そんな自閉症の息子の成長に感動したエピソードをご紹介したいと思います。

わが家には、自閉症という発達障害を持つ息子がいます。障害のない子どもにとっては当たり前のことでも、発達障害を持つ子どもたちにとってはすごい成長に思えることがたくさんあります。今回は、そんな自閉症の息子の成長に感動したエピソードをご紹介したいと思います。

言葉が遅い息子がある日突然……

自閉症の子どもの特徴のひとつに、言葉がなかなか出ないことがあります。息子も2歳すぎまでは、ほとんど言葉が出ずにいました。親からしてみれば、いつ話し始めるのか?このまま言葉が話せなかったらどうしよう?と心配でした。

それが、2歳4カ月を過ぎたある日、息子が電車の踏み切りを見て「かんかんかん」と小さな声で言っていたのです。言葉と言えるほどの言葉ではありませんでしたが、その言葉を聞いた私はとても感動し、うれしかったことを覚えています。

コミュニケーションが苦手だったのに……

そのほかにも、自閉症の子どもの特徴のひとつに、大人・子どもに限らず、相手の気持ちや空気を読むのが苦手な面があげられます。息子も例外ではなく、一方的にコミュニケーションをとろうとすることが多々ありました。

そんななか、1歳11カ月から週1回、ほかの子どもたちとのコミュニケーションを目的に、託児所に通わせていました。すると、今まで一方的に話していた息子が、ほかの子どもに「どうしたの?」「どうやって作るの?」と、相手に質問する形で話すことができるようになっていました。そんな息子の成長にもおどろかされました。

関連記事:

ピックアップ

「し、しりがっ!」ちょっと聞いてない!痛すぎて人生で初めて気絶、まさかの理由は?
おむつポーチに入れておくべし!一緒に持ち歩くと便利な「おむつ・おしりふき以外のグッズ」3選
<産後のPMS>「人間として大丈夫?」抑えきれない!産後の不調じゃ済ませられないほどで…
〈子宮外妊娠〉「げっ。なぜ急に?」救急車で大病院へ搬送される直前、まさかの出来事が!