完全ミルクで気になる発育の差。1人目の母乳育児を断念したエピソード

完全ミルクで気になる発育の差。1人目の母乳育児を断念したエピソード

1人目の産後1週間痛いほどの母乳量がありました。けれど、赤ちゃんは出過ぎる母乳に苦しいようで飲んでくれず、授乳も不慣れで強烈な痛みがあり、授乳がストレスになっていきました。疲労困憊だった私ミルクで育てようと決め、ミルクに変えてからはおだやかな育児に。2人目から4人目までは母乳で育てましたが、発育の差はないと感じました。

私は子どもを4人育てています。母乳は出ていましたが、1人目はほとんどミルクで育てました。今回は、母乳育児を諦めた状況と当時の心境をお伝えするとともに、2人目~4人目は完全母乳で育てたことから、私が感じたミルクと母乳の発育の差についてご紹介します。

母乳育児をあきらめた理由

1人目を出産したクリニックには母乳外来が併設されており、出産後からおっぱいマッサージを受けることができました。産後1週間もすると、おっぱいはパンパンに張り、幸いなことに母乳がたくさん出るようになりました。

ところが、母乳が勢いよく出過ぎるため、赤ちゃんは苦しそうにして飲んでくれず、私も授乳に不慣れだったために強烈な痛みがあり、じょじょに授乳がストレスになっていきました。次第に頻回授乳、寝不足、痛みで疲労困憊。そこで、私は「ミルクで育てよう!」と決めました。

母乳育児がうらやましいときも……

ミルクで育てよう!と決めたその後は、おだやかな育児に変わりました。ただ、自分で母乳育児をあきらめたにも関わらず、友人が赤ちゃんに授乳している光景を見ると「自分には根気が足りなかったかも」と後悔する時期もありました。

しかし、振り返ってみると、当時の私に授乳を続ける気力、体力はありませんでした。子どもは生後8カ月でミルクをいやがり、離乳食をよく食べるようになると、母乳について悩んでいたことが、あっという間に過ぎ去っていきました。

関連記事:

ピックアップ

「し、しりがっ!」ちょっと聞いてない!痛すぎて人生で初めて気絶、まさかの理由は?
おむつポーチに入れておくべし!一緒に持ち歩くと便利な「おむつ・おしりふき以外のグッズ」3選
<産後のPMS>「人間として大丈夫?」抑えきれない!産後の不調じゃ済ませられないほどで…
〈子宮外妊娠〉「げっ。なぜ急に?」救急車で大病院へ搬送される直前、まさかの出来事が!