【生後6カ月】同じきょうだいでもこんなに違う!?わが家の三きょうだい

【生後6カ月】同じきょうだいでもこんなに違う!?わが家の三きょうだい

顔はそっくりなのに、まったく成長度合いが違うわが家の三きょうだい。生後6カ月のころから、成長度合いや性格にかなり違いがありました。体がとってもやわらかいのに寝返りができない長女、後追いも授乳回数も多すぎて常に密着している長男、入院までしたけど人見知り皆無で愛嬌をふりまく次男、そんなわが子たちの生後6カ月のころの様子をご紹介します。

わが家の子どもたちは3人とも顔がそっくりなのですが、生後6カ月当時、性格も成長度合いもかなり違いました。当時は、きょうだい間だけではなく、ついまわりの子と比べてしまい、成長が早くても遅くてもあせっていたことを思い出します。そんなわが子たちの生後6カ月のころの様子を紹介していきます。

第一子 長女が生後6カ月のころ

第一子長女の場合、首すわりが生後2カ月、腰すわりが生後4カ月、おすわりが生後5カ月と順調に進んでいたものの、寝返りだけはできませんでした。むしろつかまり立ちができそうで、「あれ?順番が違う?」と少し心配になっていました。

体の動きがますます活発になり、自分の足先を手で持つ「逆イナバウアー」をしょっちゅうしていました。生後2カ月ごろから続いていた「たそがれ泣き」が治まってきたころでもあります。

第二子 長男が生後6カ月のころ

第二子長男の場合は、お姉ちゃんのときにはほとんどなかった人見知りや後追いが始まったころでした。ハイハイもはじまり、私がトイレの際には扉をバンバン叩いて、この世の終わりくらいの勢いで泣いていました。

離乳食が進まず、新生児期よりも授乳回数が頻回になり、ちょっとつらかったことも。お姉ちゃんの用事や外遊びによく連れまわされていましたが、外では本当によく眠っていました。その反面、家ではずーっと泣いていました。

関連記事:

ピックアップ

三者面談から数年が経過。あのときに描いた夢は…? #父ちゃんの母ちゃんのハナシ7
「あら…もしかして」職場の天然マダムにかけられたまさかの言葉。大きな衝撃が走り…
「やめていいよ」それでもやはり抵抗が!義実家の食卓事情に困惑して…
「もう耐えられない!」子宮全摘を決意!が、まさかの事態突入に… #巨大筋腫 12