夫が立ち会い出産を決意!わが子の誕生を迎えるまでのエピソード

夫が立ち会い出産を決意!わが子の誕生を迎えるまでのエピソード

産院の安産教室でお産の大変さを理解した夫と臨んだ出産。陣痛も分娩も夫は立ち会い、終始冷静にサポートしてくれました。できることは少ないですが、そこにいてくれるだけでとても心強い存在でした。恥ずかしい姿を見せたくないと思っていた私ですが、今も赤ちゃんが誕生する瞬間を一緒に振り返ることができて幸せに感じています。

妊娠前から出産は夫に立ち会ってほしいと思っていた私。でも、夫の気持ちはどうなのかわかりませんでした。今回は、立ち会い出産を検討している方に向けて、わが家の夫が立ち会い出産を決め、2人でわが子の誕生を迎えた経験談をお話します。

立ち会い出産を決めるまで

私が通院していた産院では、妊娠7カ月までに立ち会い出産をするか否かを決めることになっていました。そのため、本格的に夫と立ち会い出産について話し合い始めたのは、妊娠6カ月のころ。

まず、私が立ち会い出産をしてほしい気持ちを伝え、夫の返事を待ちました。夫は悩んでいた様子もありましたが、産院の安産教室に参加し、出産の大変さを知って立ち会うことを決意したようでした。

実際にお産に立ち会った夫の様子

陣痛がきて、入院が決まったときから夫はずっと一緒でした。幸いなことに安産だったため、陣痛室で2時間、分娩室で1時間くらいをともに過ごしました。夫は終始冷静で、「お茶飲んで」「もうすぐ赤ちゃんに会えるからね」とサポートしてくれました。

私は陣痛の痛みにいっぱいいっぱいだったため、とても助かったことを覚えています。赤ちゃんが誕生し、一時退室した夫は当時を振り返り、「もっと赤ちゃんの様子見たかったな~」と言うほどお産に関心を持っていました。

関連記事:

ピックアップ

「し、しりがっ!」ちょっと聞いてない!痛すぎて人生で初めて気絶、まさかの理由は?
おむつポーチに入れておくべし!一緒に持ち歩くと便利な「おむつ・おしりふき以外のグッズ」3選
<産後のPMS>「人間として大丈夫?」抑えきれない!産後の不調じゃ済ませられないほどで…
〈子宮外妊娠〉「げっ。なぜ急に?」救急車で大病院へ搬送される直前、まさかの出来事が!