お魚大好きになあれ!離乳食期の好き嫌い克服法

お魚大好きになあれ!離乳食期の好き嫌い克服法

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食では、初期から食べられるお魚。良質なたんぱく質を摂取できるので、離乳食にも取り入れていきたい食材です。でも「赤ちゃんが魚を食べてくれない」ということもあると思います。今日は、赤ちゃんが魚を食べてくれるようになってほしい!と思いを込めてアドバイスを紹介しますね。

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食では、初期から食べられるお魚。良質なたんぱく質を摂取できるので、離乳食にも取り入れていきたい食材です。でも「赤ちゃんが魚を食べてくれない」ということもあると思います。今日は、赤ちゃんが魚を食べてくれるようになってほしい!と思いを込めてアドバイスを紹介しますね。

どうしてお魚を食べてくれないの?

赤ちゃんは、どうして魚を食べてくれないのでしょうか。赤ちゃんの気持ちになってみると、こんなことが考えられます。

・パサパサしていて食べにくい

・魚特有の臭みが苦手

うんうん。それはわかる!と思う方もいらっしゃるかなと思います。

お魚が好きになるちょっとしたテク

ママが、魚を食べる子に育ってほしいな!と思ったら、ぜひ試してもらいたい3つのことがあります。

魚のイメージを変える

赤ちゃんが「食べにくいな」と思っている魚のイメージを変えてみましょう。イメージを変えるには、調理方法もありますが、家族が魚をおいしく食べている姿を見せることも大切ですね。「いつも魚を食べないなあ」とママが心配顔になるのではなく、ママがおいしそうにパクパク食べてみてくださいね。

食べやすい魚から取り入れてみる

食べやすい魚として思いつくのが「しらす」。調理もしやすく離乳食に大活躍のしらすです。ぜひ使ってみてくださいね。しらすは塩分が多いので、離乳食のときは必ず湯通しをしてから食べさせましょう。

魚を食卓に出し続ける

魚を食べないからと言って、魚を食卓から消さないようにしてください。食べなくても魚料理を出して、家族の食べる姿を見せてあげましょう。

関連記事:

ピックアップ

<浮気トラブル>「俺の人生はめちゃくちゃだ…」離婚をしたくない夫が正気を失った次の瞬間!ついに…
「ちょっと汚いけど気にしないで」ちょっと…だと!?彼の部屋で見た衝撃の光景に…
心療内科に通い、結婚にも子育てにも夢を持てない私が妊娠…。「産みたくない」というと彼は…!?
「育児が怖い…」SNSで知った、母子に向けられる悪意たち。実際に赤ちゃんと外の世界へ出てみると…