お魚大好きになあれ!離乳食期の好き嫌い克服法

お魚大好きになあれ!離乳食期の好き嫌い克服法

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食では、初期から食べられるお魚。良質なたんぱく質を摂取できるので、離乳食にも取り入れていきたい食材です。でも「赤ちゃんが魚を食べてくれない」ということもあると思います。今日は、赤ちゃんが魚を食べてくれるようになってほしい!と思いを込めてアドバイスを紹介しますね。

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食では、初期から食べられるお魚。良質なたんぱく質を摂取できるので、離乳食にも取り入れていきたい食材です。でも「赤ちゃんが魚を食べてくれない」ということもあると思います。今日は、赤ちゃんが魚を食べてくれるようになってほしい!と思いを込めてアドバイスを紹介しますね。

どうしてお魚を食べてくれないの?

赤ちゃんは、どうして魚を食べてくれないのでしょうか。赤ちゃんの気持ちになってみると、こんなことが考えられます。

・パサパサしていて食べにくい

・魚特有の臭みが苦手

うんうん。それはわかる!と思う方もいらっしゃるかなと思います。

お魚が好きになるちょっとしたテク

ママが、魚を食べる子に育ってほしいな!と思ったら、ぜひ試してもらいたい3つのことがあります。

魚のイメージを変える

赤ちゃんが「食べにくいな」と思っている魚のイメージを変えてみましょう。イメージを変えるには、調理方法もありますが、家族が魚をおいしく食べている姿を見せることも大切ですね。「いつも魚を食べないなあ」とママが心配顔になるのではなく、ママがおいしそうにパクパク食べてみてくださいね。

食べやすい魚から取り入れてみる

食べやすい魚として思いつくのが「しらす」。調理もしやすく離乳食に大活躍のしらすです。ぜひ使ってみてくださいね。しらすは塩分が多いので、離乳食のときは必ず湯通しをしてから食べさせましょう。

魚を食卓に出し続ける

魚を食べないからと言って、魚を食卓から消さないようにしてください。食べなくても魚料理を出して、家族の食べる姿を見せてあげましょう。

関連記事:

ピックアップ

「もう耐えられない!」子宮全摘を決意!が、まさかの事態突入に… #巨大筋腫 12
古風な「レトロネーム」が今流行中!女の子に人気「濁音ネーム」人気1位は?
「えっ二重人格!?」恐怖!交際中の彼氏がカミングアウトした内容は… #さく坊馴れ初め 29
「先生…もしかして?」修学旅行で生理に。憂うつすぎる気分を察して…!?