息子が1歳のときに職場復帰。育児との両立で大変だと感じたことTOP3

息子が1歳のときに職場復帰。育児との両立で大変だと感じたことTOP3

職場復帰してすぐ待ち受けていたのは、息子の急病です。とくに繁忙期は自分にしか処理ができない仕事を任されていたため、休みづらい状況に。また、家事を完璧にこなそうとがんばりすぎて、つらく感じました。育児と仕事を両立させるためには、まわりの協力や理解を得ることが必要です。

息子が1歳のときに職場復帰。育児をしながら仕事をすることの大変さを身をもって感じたものです。私は幸い夫の両親と同居をしていたため、協力を得ることができましたが、その関係性に疲れることも。今回は、育児と仕事の両立で大変だと感じたことTOP3をお伝えします。

1.仕事が休みづらい時期の息子の急病

職場復帰してすぐ待ち受けていたのは息子の急病です。最初のうちは1週間続けて仕事へ行ければいいほうでした。とくに繁忙期は自分にしか処理ができない仕事を任されていたため、休みづらい状況に。

そんなときはパート中の義母に電話をし、息子のお守りをお願いしました。働いているところ、途中で抜け出してもらうのが本当に申し訳なく思っていましたが、まわりの協力が必要不可欠だと改めて感じました。

2.完璧に家事をこなそうとするほどつらくなる

仕事が終わると夕飯の支度、洗濯物の取り込み、子どものおむつ替えなど、やることはたくさんあります。仕事をしていると、当然時間が限られています。息子の就寝時間が遅くならないよう、必死に家事をこなしました。

当時は、家事を完璧にこなそうとがんばりすぎて、余計につらく感じました。のちに気付いたことが、料理は作り置きしておくなど、じょうずに手抜きをすることが大切だということ。どうやったらズボラでいられるか常に意識しました。

関連記事:

ピックアップ

三者面談から数年が経過。あのときに描いた夢は…? #父ちゃんの母ちゃんのハナシ7
「あら…もしかして」職場の天然マダムにかけられたまさかの言葉。大きな衝撃が走り…
「やめていいよ」それでもやはり抵抗が!義実家の食卓事情に困惑して…
「もう耐えられない!」子宮全摘を決意!が、まさかの事態突入に… #巨大筋腫 12