いざという時にあわてない!お産のサインとプロセスを知ろう

いざという時にあわてない!お産のサインとプロセスを知ろう

妊娠10カ月に入ると、赤ちゃんはいつ産まれてもおかしくない状態にあります。お産のサインがあったら落ち着いて行動できるよう、あらかじめお産のプロセスを知っておきましょう。医師や助産師に任せ切りにせず、「自分が産むのだ」とい […]

妊娠10カ月に入ると、赤ちゃんはいつ産まれてもおかしくない状態にあります。お産のサインがあったら落ち着いて行動できるよう、あらかじめお産のプロセスを知っておきましょう。医師や助産師に任せ切りにせず、「自分が産むのだ」という自覚を持つことも大切ですよ。

お産の兆候、起こる時期や症状もいろいろ

個人差はありますが、出産1週間前頃から様々な兆候が現れます。
子宮が収縮を始めると、陣痛のような痛みの前駆陣痛」が起こることがあります。「陣痛との違いは??」と疑問に思うかもしれませんが、間隔や時間が不規則で、痛みが強まっていかないのが陣痛とは異なる点。多くはしばらくするとおさまります。
そして赤ちゃんが子宮の下へ移動してくると、赤ちゃんを包んでいる卵膜が剥がれ少量の出血をすることも。これが「おしるし」です。胃の圧迫がなくなるため食欲が湧いたり、下腹部が圧迫されてより頻尿になったりすることも、出産が近づいているサインの1つです。

お産が始まるサインと、入院のタイミング



いよいよお産、というサインが「陣痛」や「破水」です。
「陣痛」は、赤ちゃんを押し出すために子宮が収縮を始めて起こる痛みです。陣痛が始まったら、何分おきにどのくらい続くかをチェック。初めは30分おきくらいなのが、次第に間隔が短くなり、痛みも強くなってきます。陣痛の合間の痛みが遠のいているうちに、出産に備えて食事をしたり、破水がなければ入浴をしたりしてもよいでしょう。陣痛の間隔が10分から15分間隔、または事前に指示された間隔になったら病院に連絡し、指示に従って病院に向かいましょう。
「破水」とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて羊水が出ることを指します。通常は陣痛が始まった後に起こりますが、陣痛の前に起こることもあれば(前期破水)、陣痛と同時に起こることもあります。破水をしたらすぐ病院に連絡を。感染の危険があるので入浴はいけません。体を動かすと羊水が流れ出てしまうのでタオルなどをあてがい、なるべく車で病院に向かいましょう。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?