いざという時にあわてない!お産のサインとプロセスを知ろう

いざという時にあわてない!お産のサインとプロセスを知ろう

妊娠10カ月に入ると、赤ちゃんはいつ産まれてもおかしくない状態にあります。お産のサインがあったら落ち着いて行動できるよう、あらかじめお産のプロセスを知っておきましょう。医師や助産師に任せ切りにせず、「自分が産むのだ」とい […]

陣痛を乗り切るコツとは?

10分間隔の陣痛から出産までの平均時間は、初産で約12時間から15時間、経産婦はその半分程度といわれています。その間の痛みを乗り切る基本は、呼吸法です。意識して息を吐くと体がリラックスして痛みが和らぎやすくなると同時に、子宮口が開きやすくなります。陣痛の合間の痛みが遠のいている時間にしっかり呼吸をして体を休め、体力を回復しておくことも大切です。
陣痛の間は、横向きや四つん這いなど、自分がラクな姿勢をとりましょう。パートナーなどに、背中や腰を押してもらうと痛みが和らぐ場合もあります。

赤ちゃんも頑張っている!お産のプロセス

お産のプロセスは大きく3つのステージに分けられ、赤ちゃんとママとの共同作業で進みます。
「分娩第1期」は、10分間隔の陣痛開始から子宮口全開までの段階で、平均所用時間は初産で約10時間、経産婦で約5時間です。この間に赤ちゃんはあごを引いてクルっと回りながら骨盤の入り口に頭を入れ(第1回旋)、その後さらに回転してお母さんの背中側を向きます(第2回旋)。
「分娩第2期」は、子宮口が全開になってからいよいよ誕生の時まで。平均所用時間は初産で約2時間、経産婦で約1時間。通常この間に破水が起こって陣痛が強まり、いきむことで赤ちゃんが回りながら頭を出し始めます(第3回旋)。頭が出たらいきむのをやめ、赤ちゃんは助産師に手助けされながらさらに回って体や手足が出ます(第4回旋)。
「分娩第3期」は、出産後、赤ちゃんに栄養や酸素を送っていた胎盤が出るまでです。痛みを感じることもありますが、出産に比べれば軽いものでしょう。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?