【現役パパの体験談】まさか産後ブルー!?産後パパの心の変化

【現役パパの体験談】まさか産後ブルー!?産後パパの心の変化

妻の出産前までは、育児に協力しようと意気込んでいた私。リラックスできる空間だったわが家が、出産後は息子の泣き声と妻のため息に包まれ、居心地が悪くなっていました。そして、仕事場にこもったり、休日の家族サービスをないがしろにしたりと、思っていたパパ像とは反対の私が…。今思い返すといい父親を演じようとしていたことが原因で、産後ブルーになっていたのではないかと思います。

妻の第一子出産後、幸せなはずの私の心はなぜかもやもや。はっきりとしない焦燥感に追いやられて、気持ちが疲弊していました。日常に現れるさまざまな変化、今思えばそれこそが「産後ブルー」だったのかもしれません。今回は私の実体験を通じて、産後のパパの心の変化をお伝えします。

家に帰りたくないと思ってしまう

出産前、私にとってわが家こそがいちばんリラックスできる空間でした。ところが妻の出産後、息子の泣き声と妻のため息に包まれるわが家に、居心地が悪くなってしまいました。

出産前はとくに何も感じなかった出勤に対し、いやな空間から離れられるような安堵を感じていました。この安堵は家へ帰りたくないという気持ちへと繋がっていました。冷静に思い返すことのできる今となっては、まさに産後ブルーの症状だったと言えます。

家以外での社交の場を求めてしまう

自宅では育児に追われ、常に苛立ちを隠せない妻と、言葉を理解できない子ども……。そんな環境から夫婦の会話も、余計な波風を立たせないよう、最低限なものに変わっていきました。

夫婦の会話が減ったことが原因となって、私は大人との社交を求めてしまうようになっていました。休みの日には友人や同僚との食事を設定したり、自然と育児から逃げるようになっていました。育児に関わろうとすればするほど苦しんでいく産後ブルーの典型でした。

関連記事:

ピックアップ

弟大好きな兄からのラブコールが止まらない…♡年の差兄弟ならでは!?わが家の三角関係
【100均】天才か!?どのショップでも買える!吊るせる「ステンレスピンチ」の意外な活用テク5選
「し、しりがっ!」ちょっと聞いてない!痛すぎて人生で初めて気絶、まさかの理由は?
おむつポーチに入れておくべし!一緒に持ち歩くと便利な「おむつ・おしりふき以外のグッズ」3選